TL第8節 「サニックス-NEC」

画像

ご気分、お悪いですか?

スチュワーデスさん、私はどんな顔してましたか??



これだからラグビーはおもしろい!・・・間違っても言えないこの状態。
やっぱり競技場だとラグビーの迫力が物足りない。
でも、今回は距離感だけではない。

画像



前半スタートはNECペース。
でもすぐにサニックスにボールが渡っていく。

前半25分くらいだったろうか。
NECがあと10mでトライをされてしまう場面。
NECボールでのラインアウト。
サニックス選手が押したか、寄りかかったのかよくわからなかったが、
浅野選手がボールキャッチする時に、
地面に腰から落ちてしまった(ように見えた)。

そして、まもなく前半終了というところで、
浅野キャプテンから宮村選手とチェンジ。
ベンチで観戦かと思ったら、浅野選手はすぐに建物の中に入ってしまった。
ケガの症状が悪いとも思えなかったので、かえって心配。
なにか事情があったのだろうけれど。
画像


相手に合わしてしまうNEC・・・。
それだけで試合終了なら、な~~んのおもしろみもない。

がっかりだったのは、ラインアウトの乱れとボールの争奪戦で
あっという間にターンオーバーされてしまう。
何度相手にボールを渡してしまったのだろうか。
見ていて、まただ・・・また・・・・。そして絶句。

そもそも後半戦スタートとは思えないほど、集中力がない。
元気がない。気合がない。少なくても、私にはそう思えた。

これって消化試合?
昨年のTL最終節・東芝戦に比べたら、危機感なんて全くない。


今年の選手たちは試合回数を重ねるごとに、
チームワークが薄れているように思う。

あくまで、私の勝手な感想です。
でも、ここで吐き出しておかないと・・・辛くて。

前半は7-10で終了。

一番危機感を感じたのはハーフタイムだった。
時間になってもグラウンドに選手はいなかった。
画像


レフリーの谷口さんもスタッフに声を掛ける。
まだ、でてこない。
先に出てきたのはサニックスだった。
円陣を組み、気合を入れるサニックスの選手たち。
しかし、NECの選手たちはまだグラウンドには立っていなかった。
それが今回の試合を物語る光景だったように思える。

マーシュはいつものように完璧だった。
相手にしつこく絡むシーンが何度もあった。
でも、マーシュが取り返したボールを生かすことができない。

画像


後半、水分補給にライン際にきたマーシュは、
誰に訴えることもなく、しきりに首を横に振っていた。
気持ちは・・・No・・だったのだろう。
ラグビーは、15人で一つになるスポーツだったはず。

SHはケガ人が多く、今回は辻選手がフルで出場した。
激しく檄を飛ばす辻選手だが、他の選手の集中のなさがかえって目立った。


後半も遅い時間に東選手や水田選手を入れたところも、悲しく思えた。
慌てている様子がはっきりとした感じ。

試合の一番の盛り上がりは後半25分くらいの場面。
NECが相手ゴール際まで攻めたシーン。
モールでそのままトライとなり、逆転の可能性もあったはず。
でもサニックスの守りは見事だった。
前回の極寒の日本選手権のラストを思い出した。

画像



ん~~。
やっぱりマイナス面ばかり湧き出てしまう。

でも、BKへ流れる回数が多く、やりたいことがわかった。
このところ、自ら不調だと言っていた窪田選手。
でも、この日の窪田選手はいつになく動きがよかった。
身軽さと俊敏さを感じた。
本人はどう思ったかわからないけれど、そう思えました。
窪田&武井選手が軽快に走る姿をもっともっと見たいと思った。

NECペースの展開には ならなかったこの試合。
時間がない。
あの選手がいないから負けたなんて 言わないだろうけれど、
この痛い想いは刻まれてしまった。
選手たちにも、ファンにも。

画像


            向山選手の地元。唯一のトライは彼だった。
画像



              昨年55-0で圧勝したとは思えない。
            NECの不調。そして、サニックスの成長の証。
画像


浅野キャプテンがグラウンドに戻ることなく、ノーサイド。
サニックス応援席からは歓喜の声が湧き上がった。


--------------------------------------------------
この試合を振り返るのはかなり辛いです。
嫌な事ばかり書いてしまったけれど、これが私が感じたものです。
新しいことにチャレンジしているのはわかります。
そりゃ、どの試合でも勝ってほしいけれど、ファンが思うのは
気持ちの入ったラグビーなんです。


ノーサイドの後。
愕然としてただただ選手たちをぼ~~っと見ていました。
驚きました。
ある選手が泣いているんです。
懸命に泪をぬぐっているんです。監督やコーチに肩をたたかれながら。
決勝でも なんでもない試合。

胸が熱くなりました。
勝手なことを言ってがっかりしちゃうけど、
選手たちはいつでも必死なんですよね。

悔しいのは選手たち。
毎回ベストコンディションな訳にはいかないんですよね。


長くなりましたが、最後に一つ。
帰りの飛行機は選手たちと一緒でした。
このブログにコメントして下さった方たち、
そしてメールをくれた友達の文を読んでいた時、
私に気がついてくださったNECの方たちとお話できました。

NECを愛する皆が落ち込んでいる。
諦めない!それでも応援しよう!の言葉が
たくさんある事を伝えさせて頂きました。
その方は ありがとうございます。と、
きちんとお辞儀をしてくださいました。

いろんな意味でヤマハ戦が勝負です。
ここで終わらないNECを見せてほしいです。
ヤマハ戦も箕内選手やヤコがいないのでしょう。
そんな今だからこそ、勝負しましょうよ。

はぁ・・。少し楽になりました。



NEC敗戦。
そんな中、箕内選手の南アフリカ代表対世界選抜の試合出場。
12月3日。この日を忘れない。



追伸、これが現実。



◆◇◆◇サニックス戦メンバー◆◇◆◇
     1久富     7マーシュ    12向山      18宮村    
     2水山     8安田       13キース    19大東(毅) 
     3斉藤     9辻        14窪田     20安藤
     4浅野    10松尾       15武井     21水田 
     5熊谷    11大東       16山本     22石田 
     6横山       (功一)    17東     
        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日の試合  『 サニックス○ 13- 7 ●NEC 』

2006年12月3日(日) 14:00Kick Off /
                 熊本県民総合運動公園陸上競技場 / 4710人
 天候 :晴れ / 微風 グラウンド状態 :良い
 レフリー :谷口かずひと
 タッチジャッジ :石本月洋 / 中村浩二 / 古賀靖弘

本日のお席  熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本)・メイン中央席。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yum
2006年12月06日 23:37
だんだん阪神ファンのようになってきました・・。それでもNECの選手たちが好きだからNECのラグビーが好きだから、これからも応援します~♪
おやすみ
2006年12月07日 12:12
>yumさんへ あぁ~、気持ちわかります。私も NECのラグビーが好きだから応援するぞ~!って思っているのに…まだ吹っ切れないんです(泣)。ちょっと今回の試合は辛すぎたなぁ。
みつばち
2006年12月08日 22:28
こんばんは。
箕内さん先発ですね。だけど、ひとり、一人にの気持ちに変化が無ければ、この試合負ける気がしますね。勝つと信じたい!
おやすみ
2006年12月08日 23:22
>みつばちさんへ そうなんですよね。『NEC圧勝!』『NEC無念の敗戦』…どっちもイメージできるんですよね(T_T) NECのこれからが問われる試合になりそう。選手たちの魂の入ったPLAYをこの目に焼き付けましょう!
みつばち
2006年12月09日 04:15
そうですね!!!
サントリー戦に今後に向けと弾みになるように…自信を取り戻して欲しいです。
でも、キャプテンが心配です。
おやすみ
2006年12月09日 15:37
>みつばちさんへ ちゃんと寝てますか?あまり遅い時間のコメントは心配になります。できるかぎり、体調崩さないようにしましょうね!今日は秩父宮に来てるんですけど…あまりに寒くて退散。NEC試合なら、こんな事ありえないのに(;^_^A いよいよ明日ですね…いざ、勝負!

この記事へのトラックバック