夜の秩父宮に明かりが灯る。

画像

W杯開幕まで30日となりました

8月10日。
白熱したアジア・バーバリアンズ戦 終了後。

桜 の琴の音色に導かれ、
W杯ジャージーに身を包んだ36名の選手たちが、
颯爽とグラウンドに再度登場。

一列に並んだ誇り高き選手たち。
その選手たちを 360度取り囲んだファンからは拍手喝采。

さすがに試合後だ。疲れは隠せない。
一人一人、紹介された選手たちは心のこもった一礼をする。
メイン側の客席からは選手たちの表情が沁みてくる。
バック側から見ても、世界で戦う男たちの背中に哀愁を感じてしまう。
サイドからは深々と頭を下げる選手たちが、
感謝の意を表しているのがわかるだろう。

JKからの熱いメッセージ。相変わらず熱い言葉。
箕内キャプテンは、選手たちの熱い想いを淡々と語る。
しかし、いつにもまして 心にズシリと響く言葉。

一瞬、秩父宮が真っ暗になる。
数秒後、突然、二つのスポットライトが光を射す。
眩しい、すぐには目が慣れない。

勇気 一つ 夢~はるかに ・・・

ゆずがグラウンドで W杯に向けての応援唄 威風堂々を静かに歌いだす。
湧き上がる歓声。
それでいて 一瞬にして静まりかえり、二人の声に耳を傾ける。
ファンのキャー なんて声は一切ない。

ウォ~ウォ~・・・最後は自然とみんなで声を揃えていた。
唄い終わった後に、一言。

岩沢 「頑張ってください。」 

余計な応援メッセージはいらない。
あくまで主役は選手たち。
ゆずは一礼して、グラウンドを去る。


                さぁ、世界へ旅立ってください。
                      
画像

                     

大歓声の中、選手たちは静かにロッカールームへ。

グラウンドの照明がおちる。
ピンスポットの先には2007W杯使用のラグビーボールが照らされた。


もう21時30分をまわっていた。
なんて素晴らしい夜 だろう。
秩父宮を後にするファンたちの心は温かかった。

                  

汐留イベントに参加できなかった私。
全員のW杯ジャージー姿を見れるのはこれで最初で最後。
・・・なんで秩父宮じゃないのよ

そう思っていた私がみた夢はこれでした。

あぁ~~正夢にならないかなぁ


追伸、頼れるナンバーエイト。 今日は8月8日



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック