フィジー戦当日 ~5/5篇。

画像

JAPANの集中は途切れなかった

ハーフタイムはどんな気持ちで過ごしていたのかよく覚えていない。

階段から降りてくる選手たちの足どりは軽かった。
たくましくなったなぁ~ ・・・素直にそう思った。

画像


       モチベーションが下がらない。でも、フィジーも負けられない。
画像


あまりスクリーンも見なかったのですが、オペラグラスを覗くより
やはり肉眼で感じたい。
近くでのラインアウトの時に見た戦う男達の顔のかっこいい事
何事にも真剣勝負の時はすべて素敵ですよね。

画像


そのポジションによっての動きもわかってきたつもり。
特にNo.8の動きはどうしても目で追っているのでわかる。

画像


気がつけば観客がJAPON応援のコールになっていた。
地味かもしれないけれど、
懸命に頑張っている日本に感動してくれているに違いない。
そう思った時、なんでこの試合でフランスの国旗を持っていたり、
イタリアのメイクなのかも理解できた。

JAPANも残り20分領域に入ってくると、疲れも感じてきた。
でも、唯一4年前にその悔しさを体感している箕内キャプテンから檄が飛ぶ。
言葉は聞き取れなかったけれど、
ここからの時間の大切さを誰よりもわかっている。
苦しいを、一緒に激しい練習を乗り越えつつ、
ケガで帰国しなければならなかった仲間たちの分までパワーを出し切り
乗り越えようではないか!

ラグビーの、日本の、誇りある代表選手たち。
頑張れ!頑張れ!!!


画像

 
フィジーも余裕がなかった。しつこいJAPANに手をやいていた。


     19時20分。この写真が試合中を撮った最後の1枚となった。
画像


あと1トライで歴史が変わる。あと・・・1トライ・・。 
あの猛攻の時にカメラなんて覗いていられない。                

手が震えている。

気がつけばものすごいJAPONコール!
私はそのコールに入れなかった。
声が出なかった。

頑張って・・・頑張って・・・もう少し。そう願うしかなかった。

JAPON!JAPON!JAPON!JAPON!

これがW杯の素晴らしさだ。

選手たちは
隣にいる選手からの声が聞き取れないくらいの大歓声を浴びていた。
その様子を目の前で味わえる喜び。

JAPONコールを浴びている15人。
15人だけなんですよね、
あの大歓声をスタジアムの中心から聴くことができるのは。
選ばれた15人だけ。

あと1トライのために全身から残っている力を振り絞って戦っています。
足がついていきません。
でもですね、見えるんです。
気持ちが・・・魂が先にボールに向かっているんです。

あの大切なボールを仲間に、また仲間に・・と、いくつ繋いでいったのだろう。

もういい、わかったから。ちょっとそう思ったりもした(苦笑)。

ヘトヘトで動かなくなった体で仲間にその夢をたくす。

あ~、思い出しただけでも胸がいっぱいになる。

でも、その時はきた。
あのホイッスルは無情とは思わなかった。
戦いきった。


我に帰り、カメラをスイッチオン。
手が震えてなかなかピントが合わない。
興奮したしるし。

画像


         どうしてもフィジーの厚い壁は破れなかった。
      でも、この観衆の胸の高鳴りが選手たちにも伝わっただろう。
画像


          日本代表 31-35 フィジー代表
                   

       1 西浦 達吉             12 大西 将太郎
       2 松原 裕司              13 今村 雄太
       3 相馬 朋和             14 クリスチャン・ロアマヌ
       4 大野 均               15 有賀 剛
       5 ルーク・トンプソン          16 猪口 拓
       6 ハレ・マキリ             17 山村 亮
       7 フィリップ・オライリー        18 熊谷 皇紀
       8 箕内 拓郎             19 浅野 良太
            (Captain of the Team)
       9 吉田朋生              20 矢富 勇毅
      10 ブライス・ロビンス          21 平 浩二
      11 遠藤 幸佑             22 小野澤 宏時
      
                      


 予選プールB第1戦 - 2007年9月12日(水) 18:00Kick Off   
  Le Stadium(トゥールーズ) / 34995人。
       天候 : 晴れ / 無風
 グラウンド状態 : 良い
     レフリー : マリアス・ヨンカー(SA)
  タッチジャッジ : ポール・マークス(AUS) / フェデリコ・ケスタ(ARG) /
            クリス・ホワイト(RFU)
   本日のお席: 23ゲート 13-155番




私は観戦後、なんとも不思議な感情が湧き上がった。

感動・無念・嬉しさ・悔しさ・誇り・未来・・・。

抑えられていた感情がド~~ッと横一直線に並んだんです。
どうしていいのか、今私の顔はどんな表情なのかがわからない。
何をどう吹っ切って現実に戻ればいいのかがわからなかった。

しばらくただただ、グラウンドを見つめていたと想います。

ふと、気がつけばくまとぽぴ~はいつものようにグラウンドを走っていました。
今日のこの経験を忘れることなく、
に繋げてくれる選手たちであって欲しいと願います。
画像


時計は20時をまわっていました。
ウソみたいに人はいなくなり、
またいつものように最後まで余韻を楽しんでいました。

私のW杯観戦が終わりました。
目標である勝利にはならなかった。
でも、あの選手たちの戦いぬいた顔をみたら感謝の気持ちでいっぱいだ。
画像


素晴らしかった試合。
これがこの町で行われたW杯☆初記念試合。
なんて誇らしいではありませんか。

             会場を振り返れば、素敵な景色
画像


大きなJAPANフラッグを背にみんなで駅まで歩いていました。
もちろん、私だけでなく、ペインティングやいろんな格好の人たちもいます。
その途中、カフェやバーの前を通ると声を掛けられます。
それはJAPANの頑張りを称えるものです。
ある一軒のバーの前では私たち一行に気づき、
みんなで花道を作ってくれたんです
感動です。
拍手と歓声を浴びながら歩かせていただきました。

そして、今度は感謝の気持ちを込めて私たちが花道を作りました。
知らないもの同士。
でも、お互いラグビーが好きってだけで素直に感動しあえる。
国境を越えても同じなんだと改めて感動にふけました。
こうやって交流を持てたのも、JAPANが素敵な試合をしてくれたから。

・・・ありがと、ジャパン。


     打ち上げてを楽しみ、初めて夜のフランスを歩いたのでしたぁ~。
画像



この感動はTVで伝わったのか?
ホテルに戻って、そう思った。
後々、友達に尋ねると、興奮状態でフィジー戦を振り返って語っている。
いゃいゃ、知ってるから(笑)
なるほど、TVでもこれだけ熱く語れるのか(笑)。

で、なんだかんだで・・・行けばよかったぁ・・・と落ち込む友。

友よ、これだけは間違いなく言えるよ。

存分に後悔しなさい!(爆笑)

だって、TVの何倍も何百倍もLIVEは凄かったんだから!!


トゥールーズで1泊。明日は日本に帰国です。
真夜中、窓を覗くと、川の向こうのバーで盛り上がる人々。
・・・・あの中に入って、一度くらいハメを外してもよかったかな?と
ちょっと後悔しつつ、ベッドにもぐりこむのでした。


追伸、ただただ・・感謝です。
    そして・・・そのジャージー姿を何年も見ていたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

はるか
2007年10月23日 02:34
おひさしぶりです!
この季節になると現れます(笑)はるかです。
びっくり~(>_<)フランスに行かれたんですね。
試合のことはよくわかりませんが、旅行日記?楽しく読ませていただきました。
フランスには、高校時代の英国留学のときに旅行で行ったので、とても懐かしい気持ちになりました♪
そういえば、モンマルトルの丘で、変な日本語を話すおじさんに似顔絵を描いてもらったなぁ。

先週、シーズン初戦の試合を応援に行きました。今の季節が観戦にはちょうどいいですね。寒すぎず…(笑)
みんな、真っ黒に日焼けして…。いっぱいいっぱい練習してるんだろうな~。
未だにルールはわからず…なんですが、楽しんでくれればそれでいいよ、と言ってくれる友達選手君たちの思いに応えて、1つでも多く勝てるように、今年も熱く応援します!
おやすみさんも頑張って下さいね(≧∀≦)
おやすみ
2007年10月23日 12:01
>はるかさんへ うわぁ~お久しぶり!はるかさんからの便りはいよいよラグビーシーズン到来って感じでワクワクするし(o^o^o) フランス行っちゃいました!ルールなんてわからなくてもラグビーは楽しめるしね(苦笑)。  ラグビーファンになってから、選手とは友達にはなれないの。尊敬しすぎちゃうからね。だから、はるかさんはやっぱり素敵な環境☆これからイヤと言う程、寒くなるけどお互い勝利めざして応援しましょうねp(^^)q

この記事へのトラックバック