ウェールズ戦TV観戦。

画像

で、ショウタロウは大丈夫なの?

初めてのW杯TV観戦。ウェールズ戦。
浅い眠り。午前4時前、早すぎる時間。
気分転換に外の空気でも吸ってこよう。

落ちてきそうなくらい星がきれい

こうやってTV観戦組は睡眠をけずって夜中に応援していたんだなぁ。
よし!私も今夜は応援するぞ~~~!!
っと気合が入るのですが、如何せん只今合宿状態でありまして。
大声はもちろん、他の方の睡眠を妨げるのは厳禁でして・・。

なので、心の中で叫びます!

会場はとてつもなく大きいのでしょう。
4万人はいるのに、客席はまばらに見えてしまいました。

フィジー戦での戦いとは打って変わって、どうも動きが鈍いJAPAN。
疲れ・・・なのでしょうか?体が重そう。
平等ではない試合日程はここにきてパワーダウンか?

でも、このウェールズ戦はどうもさっぱりしない。
前半は様子をみていたのだろうけど、
ウェーズルもミスが多く、
JAPANはもう少し点が入ってもおかしくなかった気がする。
あぁ、もう少しボールキープできていたらなぁ・・・残念。

そんな中、大西選手は懸命に戦っていた。
そうそう、フィジー戦でのアップの時に、
大西選手は黙々とキックの練習をしていた。
1本目・・・右に大きくずれ、入らず。
2本目・・・左ポストすれすれで入らず。
おいおい、大丈夫なの~~?!相方と苦笑していた。
3本目・・・2本目の調整がうまくいき、決まる。
4本目・・・綺麗なアーチを描いてド真ん中通過
その後、ちょっと目を離してしまったけど、
その後、数本蹴ってやめていたと思う。


見かけによらず、この苦労人。
粋がっっちゃうタイプだろうけど、しっかりと結果を残していく。
JK・・・この選手を選んでくれてありがとう。

戻ります(笑)。
PGを決める大西選手。
あぁ~、廣瀬選手がいてくれたら・・。
そんなことを思っていた数ヶ月前。
2007年W杯は大西選手がキラキラ していました。

途中交代したときは、どうなるのか焦ってしまった。

結果、大差が開き、体制も整わずノーサイド。


で、ショウタロウは大丈夫なの?
朝、起きたらそう聞かれた。
ショウタロウって・・・誰?
どうやら、試合中、私はかなり声が出ていたそうで(苦笑)。
ミウチィ~!
ショウタロウ~
ショウタロウ~

このパターンの繰り返しだったそうです。

最後はショウタロウ・・・っと、
ポツリと言い残して不貞寝したので気になったそうです。

まぁ・・・ショウタロウを覚えてくれただけでもよかったか。



        ウェールズ代表 72-18 日本代表
                   

       1 西浦 達吉             12 大西 将太郎
       2 松原 裕司              13 今村 雄太
       3 相馬 朋和             14 遠藤 幸佑
       4 大野 均               15 クリスチャン・ロアマヌ
       5 ルーク・トンプソン          16 猪口 拓
       6 渡邉 泰憲              17 山村 亮
       7 ハレ・マキリ             18 木曽 一
       8 箕内 拓郎             19 浅野 良太
            (Captain of the Team)
       9 吉田朋生              20 金喆元
      10 ブライス・ロビンス          21 平 浩二
      11 小野澤 宏時            22 久住 辰也
      
                      

 予選プールB第3戦 - 2007年9月20日(木) 20:00Kick Off   
Millennium Stadium(ウェールズ) / 42558人
       天候 : 晴れ / 無風
グラウンド状態 : 良い
     レフリー : ジョエル・ジュジェ(FRA)
 タッチジャッジ : ブライス・ローレンス(NZ) / クレイグ・ジュベール(SA) /
           ナイジェル・オーウェンズ(Wales)


                    


追伸、JAPAN応援団


    では、また30分後にブログします(笑)。 

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック