“L” が1つなワケ。

画像

L は1つでいいんですか?

4月7日。
そうあの秦くんの「報告」が皆のフィラメントに響きすぎた日。

私は、輝く月を楽しみながら、
「秦くん、おめでと~」って何度も言いながら車を走らせていました。

記念の何かを残す・・・何を残そうか?

田舎の夕方。
気の利いた買い物ができるわけもなく・・・
観葉植物も・・コレだ!って想えるものもなかった。

でも・・今日、なにかを残さねば。




スペル、言いますねっ。 A・L・R・I・G・H・T です。
ALL RIGHT じゃないんですか?
L は1つでいいんですか?

はい。
わかりました。
よろしくお願いします。



今日は、報告後初☆LIVEが京都で行われました。
ファンとしては、一歩踏み出さなければならない大切な日です。
大げさ?
そんなことない。


18時30分すぎ。携帯が鳴る。
注文しておいたものができたんだ。

なんて、タイミングのよいこと(苦笑)。

明日は大雨だっていうし、やっぱり 行かなきゃっ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    それは、いつでもどこでもできるモノ。でも、記念の日に・・・ねっ。
画像



L は1つでいいんですか?

定員さんが ボソッと言ったこの一言がずっと頭に残りました。

L は1つか・・・

秦くんは、アルバム『ALRIGHT』 完成の時に、
一つの単語にしたかったから って言ってた。


・・・ここから、妄想入ります。

今日、LIVEを見て吹っ切れた人は・・読まないで。
復活してきた人も・・・
今、落ち込みそうな気持ちの人も・・・読まないでください。

ここで・・・おやすみなさい。
























私の勝手な妄想・・・・始めます。


L は1つでいいんですか?

このコトバを聴いて、想ったんです。

この頃には、秦くんは新生活を始めてたんだろうなって。
「関係ない」音楽製作は進み、
秦くんは真っ直ぐに曲と向き合っていたんだろうな。

タイトルを考えた時に・・・

ALL RIGHT が浮かんだ。


ALRIGHT・・・

なくなったL はどこに行ったのだろうと。

きっと・・・

もう一つの L は、奥さんに。

そして、残っている L は私たちファンのためにあるんだろうなって。


L ・・・それは 愛すべき人にあげたい愛のコトバ。


そして、みんなで一つになってほしい・・そぅ願って


ALRIGHT


な~んてね。


これも私の頭に残って仕方なかった空想です。


今、2週間経って改めて想うことは


きっと私たちのために・・・最初のL を残してくれたのかもって。

そして、2番目の L を 奥さんにプレゼント・・・かな(苦笑)。


ん~、ちょっと モヤモヤがとれた。

空想は妄想になり、吐き出さないとかなり苦しいと実感。

自分の想ったイメージもシッカリ受け止めて
明日は武道館LIVEをしっかりと見たいと想います!

今日の京都LIVE☆どうだったかな~(ドキドキ)




               いいですね・・・コレ。
                 そうですね。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

agnes
2009年04月25日 00:21
おやすみさん 妄想万歳!
よくがんばった!感動した!
うつくしい妄想なんて素敵な妄想
あの日サークルズみんなで見上げた
切ないくらい綺麗な月のようだよ
優しく輝いてたね
きっと読んでも大丈夫…
きっと心が軽くなるから…
みんなで手を繋いでゆっくり行こうね
おやすみ
2009年04月25日 00:40
>agnesさんへ
今日書くのはどうだろう・・って思ったんだけど、あえて書いてみました。
一歩踏み出さなきゃってさっ。
もう、秦くんのせいで皆妄想上手になってるから心配でもあるんだけど。

エゲツナイ妄想もあるんだ・・
人間ってイヤだなぁ~って思う。
なんかこんな調子で浮き沈みが続くのかなぁ。

武道館LIVEはどんな気持ちで見るのか、心落ち着かず(苦笑)。

あの月は・・やっぱり素敵だった。
今、考えただけで鳥肌(恥)。
BBSも自分の当時のブログも見れないけど、きっといつか「皆でなにやってたんだろうね」って笑える日が来ることを願って☆

この記事へのトラックバック