ゆずに、シテヤラレタ。

画像

横浜アリーナ、毎度あり~な

秦 基博のスキマにスキマ。
そのスキマ・・・イヤッ、割り込んで入ってきた感覚のゆずLIVE・・・。
当日の朝まではそんな感じでしたので。

わかりました
私が雨女なんじゃくて、
私が好きになったアーティストやチームが雨好きなんだって。

・・・もう、雨のお出掛けはうんざりです・・・。
でも、なんとかLIVE前に雨も上がり一安心。

画像


ちょっと憂鬱でもあったんです。
これだけ「秦 基博~~~っ」って言ってるのに、
ゆずをしっかり嫌いにはなれないし、かと言って
以前のようにはおそらくのめり込めないだろうし・・。
どんな顔してゆずに会えば・・・

とにかく、楽しめるLIVEだったらいいなぁ。

相変わらず、ゆずっこはパワーあった。
数年前の自分がウソみたい。
なんでこんなに冷静にさせたのか?

画像


ここからネタバレ&感想ですので、ご注意を。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      ステージ右脇には意外にスピード出すあの小屋がお出迎え。
画像


アルバムを聴いていかないと、テンションの上がり具合は違うもんね。
ゆず、頑張ってくれ。
ファンクラブだって「猶予1年」ってことで継続した。
ただ・・パフォーマンスでなくて、唄を聴かせてちょうだい・・・。


LIVEが始まった。
オープニングからゆずらしい演出。

暗闇の中からスポットライトがパッと2人を照らす。
ドキッとする。
「J-WAVE LIVE 2000+9」秦 基博のオープニングと一緒。
この1発は効果あるな~~~(笑)。
よし、ゆずいいぞ。

このツアータイトルは『FURUSATO』
1曲目は「桜木町」・・・納得。

曲によって、あの頃にす~~っと戻れる。
どれだけ聴いたか、あの当時。

最初から、なんだかしきりにクビを右にかしげる岩ちゃん。
いつも岩ちゃんしか見ていないクセは、そんなに簡単には抜けない。

ステージを暴れまくる悠仁に比べて、ほとんど動かない岩ちゃん。
ファンはどこを向くか二分する。
岩ちゃんはスクリーン使って、コソッと岩ちゃんファンの「ツボ」をつく。
時々やってくれるパフォーマンスが大好きだった。
最近の岩ちゃんは・・・やりすぎ(苦笑)。
こんな子じゃなかったのにな~~。


今回は二人・・お揃い。見てる方が照れるし。

平成の仲良しフォークデュオ」だそうです。


秦くんのハープが慣れた今では、岩ちゃんの音色がすごくか細く聞こえた。
ギターだって、岩ちゃんの音は細いもんなぁ。
そういえば、岩ちゃんも秦くんもギターのきっかけが「長渕 剛」。
それなのに、ハーモニカの音はまるで違うんだ。

時々頭に浮かぶ秦くん。
そんな秦を取っ払って
まとわりつく秦を かわして・・・・あたしゃ全力少年か!

ガラクタの中に輝いてたものを見つけるんだ!
・・・ゆず、ゴメン


ちょっと避けながら、岩ちゃんの唄声に集中する。
今日は・・・岩ちゃんだから(笑)。

甲高い声は健在。
どうして・・この声から秦くんの声に心奪われていったのか・・・。
って、ま秦くんが邪魔をする・・・・

わかった、わかった。でも今日はこっちの一重を見させてくださいな。


今回はMCが控えめ。
ゆずも毎回似たようなことをしているワケではなかった。

今回は「変わっていくよ」っていう想いが伝わってきた。
ファンに踊らされてた感もあったけど、「そこはもう違うよ」って。


流れるようにLIVEが進められていく。
ゆずはスクリーンで楽しませてくれていた。
今回もそうなんだけど、以前みたいなダラダラ感もない。

グッと心が揺らいだ。

作りこんだ演出の中、タイムマシーンに乗って過去へ戻る。
今回は「1999年」。

一瞬で私の頭の中は1999年に戻った(笑)。

「『秋味』の時だね」と、相方に囁く。

驚く相方。
そうさっ、好きなモノには物覚えいいさっ。
興味なくなったら、ナイと同じ扱いしちゃうけどね。

『秋味』とは当時のゆずのLIVEツアーのタイトル。
当時はまだファンではなかったけれど、
実際に参加できなくて悔しい想いが残るLIVEの一つ。

熱い悠仁に、なんだか煙に巻かれるような岩ちゃんが大好きだった。


なんと・・スクリーンに「秋味」の映像が!!!

画面半分に1999年の映像。もう半分に今日の映像。
メドレーで当時を振り返る。


やばい・・・・。いろんなこと想い出す。
あの映像、何度みたことか。
目をつむったって想い出せる!・・・岩ちゃんの動きは(笑)。

これが聴けただけで、満足ですってくらい。
諦めないで来てよかった。

相方は数日前にもこのLIVEに参加しているので、
この映像もあるって知ってたワケで。
私が急に「秋味」って言ったもんだからかなり驚いておりました。


なんだか凄く聴きやすいLIVEになってました。
「FURUSATO」のアルバム曲もシングルカットが多かったようで、
まったく聴いたことない!って曲も少なく感じて。

「スーパーマン」は考えていたよりかなりよかったなぁ。

「いちご」
今年の夏に行われた「音野祭」では
この部分はホンジャマカのまいう~石ちゃんだったのに、
今回は、なんと!懐かしい『岩見沢 順子』も登場したし。
相変わらず・・色っぽかったです
悠仁。やっぱりドラマよりこういう方が絶対に上手い。

            この方が「岩見沢 順子」・・・悠仁です。
画像


       昔はちゃんと自分で表紙作ってたんだ~って感心(笑)。
画像



夏色も、ステージ側がちゃんとリードして、
これくらいの盛り上がりでいい!って想えたし。


あっという間に時は流れました。
今回は「虹」って唄もあるし、
会場もキラキラしましょ  っ方針から、蛍光モノがOK。

プチッって折って腕に巻くアレ。
綺麗ではありました。←なにか言いたそう(苦笑)。




「虹」はかなり素敵でのめり込んだ。
このところ・・・秦くんの唄にもグッとくることなかったから。
この唄とステージ演出、ホントよかったです。
なにか・・考えながら聴いてました。
泣けたね。

きっと、胸にくるものが会場にあったと想う。

アンコールで曲でお馴染みの、「贈る唄」へはすぐに入れなかったしね。
それでいいと想った。
むしろ、今回は手拍子だけでゆずを待ちたかった。



アンコールでは、「虹タオル」をやたらとプッシュしていた二人。
グッズってもういいよ~って想いがあったから、買ってないし。
でもあれだけみんながあのタオルを掲げると爽快だった。

「そのタオル以外はダメ」とは言わないけれど、やっぱり・・・。

ってことで、次のLIVEには・・・持ってることでしょうね(順応性アリ)。

Tシャツでも悠仁はラメ☆バリバリ。
岩ちゃんはシンプル~~って想ったら、肩から袖にラメのラインが。
似合わないけど、ま、たまには・・ね(笑)。


うん、ゆず、楽しかった。安心した。
やっぱりLIVEは楽しい。
各アーティストの色は一つじゃないから、
固定せずにいろんなLIVEを見るのもいいなぁ。

でも、なかなか取れないチケ。
そうなると、夏フェスは楽しいな。←あんなに嫌いだったのに。

LIVEは2時間30分くらいだったのかな?

          よっ、商売上手  でもそこには入らない(笑)。
画像




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
帰ってきたら、15日になっていた。
でも、どうしても・・・みたいものが。

           やっぱり「秋味」見ちゃうでしょ~~~
画像


今だにホキ肉、ホキそばって言って・・ないよね(笑)。


ゆずって唄が上手いわけではない。
声質も二人まるで違う。
今日改めて聴いていて、やっぱり味あるわ。
呼吸があってる。

悠仁はゆず以外にも、いろんなことに興味をもって取り組んでる。
岩ちゃんは特になにも。
プロデュースとかやらないのかな~っ。

ゆずは曲を聴けばどっちが作ったか、はっきりわかる。
・・・スキマは・・・まったくわからないャ。

~~~~~~~~~~ 本日のセットリスト ~~~~~~~~~~
  1.桜木町
  2.シシカバブー
  3.ストーリー
  4.RE:スタート
  5.二つの言葉

 ~MC(ゆずLIVEは何回目?)~

  6.健太郎のお姉ちゃん
     ~あなたも健太郎のお姉ちゃんになれる!~
     本日はヤマダ チトセちゃん(4歳)ゆずLIVE歴4回の子
  7.タイムマシーンメドレー1999
      ~始まりの場所~センチメンタル~始発列車~
        サヨナラバス~ 灰皿の上から~いつか~友達の唄~
  8.レストラン
  9.ゼンマイ
 10.はるか
 11.スーパーマン
 12.いちご(with 着飾ったいちごダンサーズ)
 13.夏色(with いちごダンサーズ)
 14.嗚呼、青春の日々
 15.逢いたい
 16.虹

~アンコール~
 17.陽はまた昇る
 18.少年
 19.みらい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        日時: 2009年11月14日(土)16時10分スタート 
        会場: 横浜アリーナ
       観客数: 13324人。
       天候 : 雨から雲 / 微風
    本日のお席: D5扉 アリーナ席D6列40~41番。悠仁側。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご飯を食べながら、相方が言った。

秦くんの武道館DVDを観るタイミングがわからない」っと。

相方。そう感じたら、それを「秦ファン」っていうんです。
軽く聴けない秦 基博・・・。


あ~~~、それも問題だよな~~~。


私も、このところ、スキマばっかり。
昔は秦曲も流しておけたのに、今はそれも出来ない。

どうする?秦 基博。
今度のアルバムは・・・ど~~なのよ????

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

新藤稀太
2009年11月16日 07:41
土曜日のトークライブ来てたの?
しぶたん
2009年11月16日 09:31
>おやすみさん
ファンやめられないで良かったね、ゆず!
私もゆず茶で応戦した甲斐があったぜっ!←関係ない(苦笑)
ゆずのことは全くわからないけど(謝)他のアーティストのライブ見ながら、秦くんのことを考えるのとこ・・
一緒です(苦笑)私も考えちゃって、なかなか楽しめなかった・・・。恐るべし、秦基博。
しかも、相方さんの一言。一緒!!もう、どうしよう!
そんな私も、秦のスキマにスイッチオン(笑)でカドカワ読んでたら、昔のアルバムから聞きたくなる始末。
オーガスタの呪縛か?
agnes
2009年11月16日 13:37
横浜アリーナの様子…めざましで見たよ
熱気がっっ波のような熱気が
画面からでもわかりました
いたのねソコに!!

トコロで「岩見沢 順子」さん(爆)
知合いの夜のママにそつくりです(爆)
同い年だけど若い子に負けぬ人気者よん
ノーメイク…そういえば似てた・・(爆)
良い御つまみをありがとです
ひろ坊
2009年11月16日 15:57
>おやすみさん
わぁ~い♪
頑張ったったね☆ゆず(←そっち!?)
ライブの最中の おやすみさんのスパイラル感が...。
気にはなりましたが(苦笑)
そして 自分も一緒!相方さんの一言。
流しては聴けない。恐るべし。秦基博...。
...ん?それって封印してても「秦ファン」とっぷりって事なのでわ!?

>しぶたんさん。
『オーガスタの呪縛』
....あ~。笑えないっ!自分だって笑えないレベルになりつつあります。
既に 1st、2ndスキマアルバム買い足しちゃいましたし(笑)
しぶたん
2009年11月17日 09:18
>ひろ坊さん
ね、本当に呪縛ですよっ!
他のアーティストさんも聴きたいのに・・なんでオーガスタなんだよ!と(苦笑)
私はスキマの第1章3部作は耐えました!ここで買ったら負けてしまう~!と思って。(←何に?)
タクヤくんの声が普通に聞こえてきました。
おやすみ
2009年11月18日 15:01
>新藤稀太さんへ
トークライブ行ってません。
ダウンしてます。よいお薬ください。

>しぶたんへ
アーティストを同じようにファンでいるってこと、出来ないんだろうなぁ。
スキマに心ひかれてるな(苦笑)。
3部作やら、AアングルやらBアングル…。
まったくなんの事だかわからないモヤモヤ感。
イャ、これ以上知ったらのめり込んでしまうからライン引いておこうとする思い。
スキマってちゃんと話聞いたらちゃんとしてるんだ~ってかなり上から目線。
スキマは…部屋に流してても苦しくならないからいいね(逃)。

>agnesさんへ
めざましでやったんだ!
チェックしなかった。
いましたあの中に。
リアル岩見沢 順子(爆)!会いたい!
おやすみ
2009年11月18日 15:01
>ひろ坊さんへ
頑張ってくれました、ゆず(笑)。
なんで聴いたり見たりするだけなのに「聴けない」「見れない」現象を起こす秦 基博。
ど~したらいいんだろうね。
繰り返し見るのはスキマ映像ばかり。
卓弥くんって絶対に母親似だなとか(笑)。
卓弥パパ報告は、秦 基博ファンにも激震ですよ。
もう訪れないと思っていた「報告」か「お知らせ」が再びいつの日か…。

※秦の隙間にスキマ。スキマの隙間にゆず…だけかと思ったらインフルエンザも入ってきてしまいました(泣)。
タミフル恐るべし吐き気。皆様、ご注意を。
やっと返信できた…。
agnes
2009年11月20日 00:07
インフルエンザ...新型だったのかな?
タミフル合わない人にはキツイお薬!
大丈夫だった?
ハヤクナオ~ルようにゆっくり、うん
偶にはゆっくり!おやすみなさい
しっかり、治して!!
治ったらまたカマってね