秦 基博プロデュース・スーパーエディション☆4-4/6篇。

画像

続いては・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続いては、僕がこれまで
他のミュージシャンとやってきたコラボについて、お話していこうと思います。

最終回の今日は 冨田恵一さん、冨田ラボさんです。

え~、「風景」っと言う楽曲でですね、
冨田さんとはご一緒させて頂いたんですが、
これは去年のクリスマスのとあるイベントで、
あの~僕が弾き語りで出ようという時に、やっぱりクリスマスのイベントだから、
ちょっと普段と違うことをやれたらいいな~なんていう風に思いまして。

で~、ねっ、普段バンドでもやったりしますけれども、
弾き語りでのLIVEが多かったのでピアノと・・・クリスマスということもあって、
雰囲気のあるピアノと1曲、なんか できたらいいんじゃないかな~っ、
なんていう風に思っておりました。

その時にですね、
僕がもともと冨田恵一さんの携わってらっしゃる作品、キリンジ、
凄く大好きでよく聴いていて、エイリアンズとか、
あの~サウンドの構築の仕方とかですね、乾いたその空気の中での・・
ん~ 張り詰める・・・
あの~後はやっぱ テンション感って言うんですかね、コード感だったり、
どういう音を重ねていくのかということに非常にこぅ心を震わされていたので、
そのクリスマスイベントの時にですね、
1曲ご一緒できませんか?ということで冨田さんにお願いしました。

それがきっかけで
「キミ、メグル、ボク」のカップリングとしてですね、収録したんですが、
あの~冨田さん、普段レコーディングするときにですね、
わりとこぅ・・ドンドンドンドン音を重ねていく方なので、
その時のレコーディングはもう、
せ~のっ でピアノも歌もギターも一緒に録ったんですが、
そういうレコーディングは初めてに近いということで、
非常に楽しんでくださいまして。

こういうレコーディング・・・
ま、LIVEももちろん、非常に緊張感のある中でやったんですけれでも、
レコーディングも二人のですね 息が・・・
LIVEを1回やってるだけあってすごく合ってたんですが、
何回がテイクを繰り返して、
やっとなかなかいいのが録れたなと、素敵なテイクが録れたということで
コレを本採用しましょうか?っていうことになったんですけど、
せっかく・・
5~6回やったんですかね、っそれまでに。
せっかくだからもう1回くらいちょっと記念にやっときましょうか?
 なんつって(
二人で・・は・・、すごくこぅニコニコ ニコニコ 気楽な感じで
ブースに入っていったテイクが収録されました。


やっぱりこぅ、肩がねっ 肩に力が入った・・
なかなかこぅ うまくいかない時もあるんですが、
そういうリラックスした時がいいテイクにもなったりするんです。
そういうテイクを聴いていただこうと思います。

          風景 Acoustic Session with 冨田ラボ。
   -2008.4.23 Release 4th SINGLE 『キミ 、メグル、ボク』 2曲目に収録-
画像


     秦 基博プロデュース・スーパーエディション(by DJ-HATA)。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

しぶたん
2009年11月02日 09:33
>おやすみさん
このときのレコーディングの話、タワレコのパラレル発売記念イベントのときに話してましたよ~!
音楽室みたいな、穴の開いた壁?みたいな小さいとこでやったとかで。
発声練習したんですよね~とか言って秦くんが「♪ドレミファソ~ラファミ・レ・ド」って披露してくれました。
冨田さんが、本当にいい人なんですよね。
きっと敏腕プロデューサーさん?なんでしょうけど、どんっと構えてるようなカンジじゃなくて。
ゆるい!って言葉がお似合いな(笑)
だから、↑の読んで当時のレコーディング風景が目に浮かぶようでした。
おやすみ
2009年11月02日 20:42
>しぶたんへ
あの体の持ち主2人が、そんな小さな部屋に(羨)。

素敵な人ってやっぱり謙虚だし、雰囲気作りを大切にするタイプが多いね。
亀田さんや久石譲さんだってそう☆
秦くんも年を重ねるごとにもっともっと柔らかい人になっていくんだろうなぁ~。
今はまだ、コタツを出すタイミングを悩むくらいちっぽけな方ですがね(笑)。