NECを・・考えなければ。

画像

「時間は怖いです。」

こんな中盤までダラダラと「心ここにあらず」状態で。
もう11月ですよ。トップリーグ・後半始まるんですよ。

そろそろいかなくちゃ。
そろそろ・・・やらなくちゃだよ、NEC。

秦くんの話なら、わんさと言葉出てくるのですが、NECになると・・やっぱりねぇ。

ここは、今の自分にウソなく、媚びず、正直に書いておこうと。


なにやってんのよ~~って言葉もでないです。
怒りや嘆きでもなく、ど~~すれば、どう応援すれば、どう変わるのか。

ワケ、ワカラナイんです。

2年くらい前から、不安いっぱいの試合を感じ始め、
いずれ必ずやってくる世代交代の波。
それがうまくいってないことくらい、素人の私にだってわかる。
優勝を経験して、トップレベルの選手たちがガッチリいる以上、
後輩には出番が生まれない。

サテライトでどんなに頑張っても、1人か2人が次節のTLにちょっと出るくらい。
そして、またいつものメンバーでの試合が繰り返される。

それが、悪いことだとは言わない。
勝たなきゃダメな勝負の世界だから、
「勝てるメンバー」がグラウンドに立つのは当然だもの。

箕内ファンだから、できるだけグラウンドにいてほしいと願う。
けど、次が・・・。

箕内さんが日本代表キャプテンの頃だって、ずっと言ってたじゃないですか。
あの口数の少ない箕内選手が、
試合を終えるたびに口にしていた「危機感」というコトバ。

「前なら危機感を口にすることもなかったし、顔にも出さなかった。
 でも、僕もキャプテンという立場にあるのだから、
 たとえ、それを理由に外されたとしても言わなきゃいけないと思いました」


監督、コーチ側の図式が選手に見えない。と、嘆いたコメントがあります。

「せっかく今までいい戦いをし、
 さぁここから上へというところで停滞してしまった。
 進めていく人の問題かもしれません。時間は怖いです。


数年前、日本代表は選手の不祥事や、突然の監督の交代。
思い浮かんだように「フランスのシャンパンラグビーをやろう!」っと言う指令に
選手たちが戸惑った時期だった。

「ぜひ選手からもヒヤリングをしてほしい。僕らは危機感を持ってます。
 それを上の人に理解してもらいたい。
 明日の試合、きょうの練習が大切なんです。」


このインタビューをしたのは藤島 大さん。最後にこう語る。

「どうか、この誇りに足りるリーダーの誠実に応えていただきたい。
危機感はすでに危機となりつつある。」


以前にも、ブログで書いたことを想い出しました。
これって、JAPANだけでなく、今のグリーンロケッツにも言えること。

でも、ちょっと違うかな。私が感じるのは・・・選手の「おごり」。

「驕り」 調べたら、こんな風に書いてあるモノがあった。
 『最初に始めようとした決意や熱意と、
 何でも吸収して上手くなろうという純粋さ・謙虚さが「初心」にはあったはず。
 それが、だんだんその場になれてきて気持ちが薄れ、
 自分の存在感をアピールできることがわかり、手を抜いたり、
 あるいはマンネリ化して
 熱意も冷めてこれでいいと自分勝手に決めつけてしまう。
 そこに「傲り」が芽生えてくる下地が出来る。』



選手たちが、どれだけ練習を繰り返し、頑張ってるのかを知ってるつもりです。

訂正。選手には「おごり」はありません。そう想いたいです。

私は一番苦しく感じるのは、選手同士の心が・・闘志も含めて
「皆で一つになって戦う」意志を感じないこと。


どれだけ負けても、その気持ちがあれば、私は応援できた気がする。
どんなに無様な負け方だって、選手たちの心を感じたら応援だって変わらない。

もしかしたら、選手たちのその心ってちょっと前から薄まっていたのかもね。
技術や練習の成果があるときは勝てた。
でも今、技術、精神、仲間同士の輪を兼ね備えたチームが多くなり、
グリーンロケッツは取り残された感じがしてならない。


どうやったら勝てるんだっけ?と、ホントに想う。
神戸戦での、窪田選手の2回目のトライ。
皆が嬉しそうに抱き合いながら、笑顔になってた。
そっか・・トライをたくさんすれば皆いい顔になるんだ!って数ヶ月ぶりに想った。
にも、かかわらず、最後はあの負け方。

見たくないって想ってしまう。
でも、見たいんです。
でも・・・ホントに怖いんです、観戦するのが。

リハビリがてら、他のチームの試合を見ると、楽しそうにしてるし。
羨ましい気持ちでいっぱいになる。
そして・・・このチームとやっても、今のNECじゃ勝てないってハッキリ想う。

こんなことなら、ラグビーなんて知らなきゃよかったとさえ想う。
これまでこんなに楽しかったのに、今はまったく楽しくない。
これだけ楽しかったNECグリーンロケッツの試合が楽しくない。

ずっと応援してきた。
NECの試合は全部現地に行って観戦してきた。
でも、今年は行きたくても行けない。足がそっちに向かない。

でも!グリーンロケッツも私も、ここで止まってはいけないのだ。


崖っぷちなんてもんじゃない。もう泥水飲みすぎました。
こうなったら、ここまできたら、
自分で喉に指突っ込んで、全部嘔吐しよう。


この11月。日本代表戦が行われてる最中ですが、
この期間を区切りに、吹っ切れたらいいな。
ぽぴ~も帰国したことだし。

やっぱり、このままじゃイヤだ。
嫌だけど、負けるにしても、意味のある価値ある試合が見たいです。


まだまだその先の日差しが、私には見えず。
でも、応援したい。
でも、怖い気持ちの方が強いんです。

TL再開の相手は・・・・サントリー。
正直、凹みます。勝てるなんてとても想えません。
でも、応援に行かなきゃ。
でも、やっぱり怖い。
その想いの繰り返しの日々です。


怖いんですよ。
でも・・もしかしたら、新たNECグリーンロケッツを見ることができるかも。



      そんな、祈りに似た期待を込めて、応援に行きます。
                          
長くなりましたが、再びトップリーグが始まります!

11月29日(日) 13時試合開始。 
     NECグリーンロケッツ-サントリーサンゴリアス

  場所は千葉県 柏の葉公園総合競技場にて
       (つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅)

サークルズの方で、「NEC応援したるっ!」って方は連絡ください。
細かな連絡はそちらで。

・・・宜しくお願いします!もうNEC,後がないです。



ブログ始めたきっかけもNECだった。
そして、NECのことを秦ファンも気にかけてくれる。
ホント、嬉しく想います

頑張っていきましょう!私もNECもっ!!


今、2008秦 基博特集DVDの中でこんなコトバが出てきました。

「諦めたらそこで終了。」

納得。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

agnes
2009年11月03日 23:19
必要なのは安西先生だね!タプタプタプ
うちの相方…「俺、花道。コイツ、安西。」って
夫婦関係を説明するときに、多用するんだケド
…Sなもんで…そうなる?

スポーツのプロになるのは、精神的に辛いはず
だけど、結局
楽しいだけじゃダメなのは、ドノ世界も同じで
あえて、ソコを選んで、選ばれた人は
たとえ、選手じゃなくたって
「好きで堪んないから」そう在って欲しいよね
みんなの憧れや、夢の上にいるんだから
企業的であってほしくないって思います

おやすみさんのNEC愛を応援してるぜ
おやすみ
2009年11月04日 12:20
>agnesさんへ
あぁ…わからない世界だ(泣)。
って、コレなんの漫画?
スラムダンク…であってます?

きっと選手はいつもと変わらず、ひた向きな気持ちでいるんだろうな。
でもこんな負け方してるから、動揺して私にはそこまで見えないのかも。

入れ替え戦やら、降格なんて考えたことなかったからキツすぎるよぉ。
「万が一」に向けて、スケジュールを考えるのもイヤだし。
このまま秦ワールドへ浸りたい…けど、それはイカンと。
ありがとね。
まだまだNECへの愛は忘れちゃいけないね!
ひろ坊
2009年11月05日 02:01
>おやすみさん。
ぅわあ。こっちにも 負けないくらいのスパイラルが!

自分 ラグビーの事はさっぱりさんですけど。
やっぱり おやすみさんは『NECが好き』なんですよね。そして その気持ちがおっきい。
だからこそ やきもきしたり。イライラしたり。

心底嫌いだったらば どんな『感情』さえも生まれないんですもん。
スポーツに限らず 結果は大事だけど必ずしも それが全てではなくて。
たとえ不甲斐ない結果だったとしても その過程でナニガしか得るモノがあってさえくれれば...って。

厳しかったら 距離置いたったっていいんですよ!
どんなに離れていたって。時間が過ぎたって。
本当に必要だったらば 絶対に戻ってこれますよ

>agnesさん。
ヤバイ...。
自分 ネタわかっちゃいます(汗)
そしてagnesさんの夫婦関係を想像...。
んぷぷっ!
...これくらいにしておきます(反省)
agnes
2009年11月05日 11:26
>おやすみさんへ
そうだった…苦手だったんだよね漫画
スラムダンクであってるよ
「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」
第27巻の安西先生の台詞なの
昔の安西先生は鬼のような厳しさで指導する人
だったんだけど、自分の至らなさに気づいて
仏のような指導に変わるの!!必要でしょ?

>ひろ坊さんへ
…想像の中身…たぶん、正解!(自粛)
怖くないですよっひろ坊さん!
噛み付いても甘噛みですからね…
おやすみ
2009年11月05日 12:22
>ひろ坊さんへ
はい。こっちの話題にはかなりの負のスパイラルですよ(泣)。
私は技術より気持ち、ハート優先だから、辛くてねぇ。
なんかねぇ。
いいのよねぇ「NEC」。
人間らしくて(人間だけど)、浮き沈みにまんまと乗っかっちゃって皆で船酔いしてるみたいなチーム(苦笑)。
思いっ切り「感情」揺すぶられちゃってます。
…いらぬ感情までも呼び起こされたし(泣)。

今は先が見えなくて不安だけど、選手たちに期待したい!!