オープン戦 「サントリー-NEC」

画像

さぁ~どうする?

     平均が書いてあるメンバー表を見たのは初めて。さすがサントリー。
画像


              アイカタはすっかり秦ファン。
画像



7-68 ・・・笑っちゃうくらいの得点差。

ラグビー観戦日和。心浮かれてサントリーグラウンドへ。
やっぱりこの試合を見に来るファンはコアでしたね。

試合が数週間ない。
感覚を忘れないためにも今日の試合は結構・・・かなり大事。


しばらくぶりのジャージー姿の箕内さんに衝撃
細い。筋肉はたっぷりだけど、全体にほっそり。
相手チームの選手からも噂になるくらい。

               絞り込みでもしたのかな。
画像


やっとスタッフの方と会話ができた。
だって今までしたくても…なんて声掛けてよいやら(苦笑)。


日本選手権にむけて勢いづかせるためにも頑張ってもらいたい試合だった。
ケガからの復活、またいろんな意味でやらなきゃならない選手もいる。
ほどよい緊張感。
わくわくな気持ち。
こんな浮かれ状態はあっという間に消え去るコトになるんだけど・・・。


          花道で声援を受けながら、グラウンドに向かう。
画像


               修正しながらの試合運び。
画像


            一つ一つ、確実にモノにするしかない。
画像


      安定した臼井選手。ただ・・お互いの気持ちが合わないと。
画像


       やっぱり、箕内選手がいてくれるスクラムがいいなぁ
画像


画像


画像


画像


箕内選手が後ろに引っ張ってからスクラムを押す時期があった。
勢いづくのか、どれくらいその力がパワーになるかわからないけれど、
私はそれが好きではなかった。
なんだか・・・アイジョウを感じなくて。
そのまま、一体になって後ろで支えるのが箕内選手のアイあるN0.8だと。
最近はそのスクラムが戻っていたようで、嬉しく想う。


  昔に想いをふけっておりますと、目の前に選手がいてビビッたりします。
画像


  1mと離れていない距離で戦っているワケです。近すぎて撮れないコトも。
画像


             私にパス?錯覚も起こります(笑)
画像


           その後は選手てんこ盛りになるワケです。
画像



画像



試合を止められる。NECへのホイッスル。
立ち位置?何? 選手がサイドレフリーに問う。
はっきり伝えられないのはいかがなものか。

押されっぱなしの緑。
勢いは感じるものの、ほとんど陣地で耐える前半。
冷静なサントリーが妙に大人に見える。

前半なんとかチャンスをものにしてトライするもこれ以降、
相手の陣地を奪うことができなかった。
公式ジャージーの黄色チームは丁寧に確実に攻めてきた。
たくさんのタックルもあったけど、的外れも目立つ。『気合いの空回り』なのか?
懸命に走る姿は素晴らしい。
けど……。

             後半に向けて気合の入れなおし。
画像



         たくさんの列車が行きかう中、後半戦スタート。
画像


画像


画像


ん~~。なんだか後半戦の記憶がない。
きっと・・ずっと・・こっちのゴールライン際で戦っていたコトが多かったから、
見えなかったんだと想う。



アイカタはなんだか、ビビッておりました。
ボールが飛んできたら、取ってね。
アイよっ。
・・・ま、取れるどころか、逃げるタイプですけど。

そんな中、
ボールではなく・・・選手たちというカタマリがこっちにやってくるではないですか。

忘れてました。
迫力あるグラウンドでのこの試合は目の前で楽しめる反面、
想わぬハプニングに見舞われるコトもあるんだって・・・。

突然の出来事。
スローモーションのように選手たちが向かってきたんです。
ベンチ椅子にのっほほ~~んと座ってた私たちに逃げる猶予もなく、
ただただ・・選手たちがやって来たのです。
数秒の記憶が途切れ、
気がつくと足元にたくさんの選手たちが倒れておりました。

・・・・こっ、怖い。これほど選手が怖いと想ったことはありません。
迫力ある~ は、一瞬に怖い~~ となるんだと。

なに?何が起きた???
アイかたの携帯も吹っ飛び、なんだか私たちだけかなりのパニック。
我に帰ると・・・足が痛い。
秦くんのLIVEにはなかなか当たらないのに、選手には当たったらしい。

※家に帰り足を見るとこんもり腫れてるんです。でもあざにもなってませんでした。
 この・・腫れだけって・・・どういうこと??

※「足、大丈夫でしたか?」っと、気に掛けてくださったある選手。
 ありがとうございます。
 こんなくらいで腫れちゃう自分が情けないです。
 でも、身を持って選手の偉大さを改めて実感いたしました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オープン戦では選手たちがあちこちにいます。
相手チームとの選手との会話も聞こえて、そんな盗み聞きも楽しみの一つです。
また、包み隠さず話すから、ホンネ満載。


長く感じた後半戦。
そりゃ、そう感じますよね。もうわかりましたから・・・ってトライ数。

画像


オープン戦とは言え、この差は衝撃ですよね。
でも、コレがトップクラスとのはっきりとした差ですからね。


画像



              この得点。来週はどうなる?
画像



選手同士の違和感を感じるブレ。
声を出して乗り切ろうとしていたのか?
やっぱり世代交代は難しいのだろうか。

見る見るうちに、スタッフ、選手たちの顔色も緑色。
どこまで染まるんだい(苦笑)。



相手に仕掛けていく、気持ちがないと・・・

試合中に聞こえた ある選手のコトバは重い。



    サントリーサンゴリアス 68○-●7 NECグリーンロケッツ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   1 吉村        9 藤戸      16 山本(貴)   ☆井上
   2 臼井       10 安藤      17 網野      ☆大東 
   3 片岡       11 首藤      18 斉藤      ☆ロコツイ 
   4 佐藤       12 蒲池      19 廣澤      ☆武井
   5 熊谷       13 水田      20 日高
     (Captain of the Team)        21 アンサー  
   6 磯岡       14 山本(秀)   22 森田 
   7 宮本       15 ヤコ  
   8 箕内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            日時:2010年1月30日(土)14時 00分Kick Off 
            会場: サントリー府中スポーツセンター 
           天候 :晴れ / 無風
     グラウンド状態 :良い
        本日のお席:バック側・恐怖のベンチ椅子。


                         
         初めて「餃子の王将」に行きました(ドキドキ)。

     いろいろハプニングもあり(笑)。それにしても量多いっすね。
画像


場所を変えてお茶していたら、知り合いから着信アリ。
「初めて秦 基博を見てるよ~」っと。

        おっ、そうか!本日はMUSIC FAIRに出演でした~~
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひろ坊
2010年01月31日 23:55
>おやすみさん。
うおっ!近っ(汗)こりゃ焦るから~
箕内選手は...これでホッソリなの!?
全盛期は イカばかりなのん?

おっと?
またもや おやすみさんとの共通点発見!
ワタクシめも「餃子の王将」未体験~☆
先越されちゃったけど(苦笑)

しかも~。仕事中に後輩に...?
「秦さん、テレビに出てますよ!」
はいっ。もちろん「MUSIC FAIR」
こういうの 嬉しいですねっ♪
おやすみ
2010年02月01日 00:32
>ひろ坊さんへ
そっか…そうだよね。
ラグビー選手ばかり見てると感覚マヒしてるのかも(苦笑)。
そぅなんですよ。
箕内さんはもともと手足が長くて、胸板厚いんだけど、久々に見たらほっそり。秦くんで言うなら…
1日でシンクロ時代に戻ったような衝撃!!
ほっそりしてもオーラはピカイチでした(照)☆


ドキドキしながら行っちゃいました、餃子の王将。
楽しそうにしてたせいなのか、店長らしき人も気に掛けてくれて『どうでしたか?初は?』と(笑)。
量が多く、しかも安くて驚いた!

『秦 基博』って名前を意識してくれる嬉さ。
わざわざ連絡くれたり、感想伝えてくれたり。
僕らの音楽の時は秦くんの見た目の成長っぷりに驚いた友(苦笑)。
『大沢さんとは、遠近法使えばいいのに…』の感想は笑った!
どんな感想でも笑って乗り越えられる大らかさ(笑)。ファンも忍耐強いっす。