星屑の隙間に木村基博@大阪城ホール⑤/12篇。

画像

ホスキモのハタ


9.アイ (秦基博) 【秦 基博】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歌詞はコチラ。

そうなんです。聴こえていたのはアイの前奏。

メインステ-ジが暗くなって、
デベソステージで弾き語る秦くんが見えるまで全く気がつかなかった(恥)。
どんだけこのLIVEにのめり込んでるんだろ(照)。


そんなワケで、秦くんの「アイ」はデベソステージ、弾き語りで。
しかも、驚くコトにマイク位置が・・・メインステージに向いてたんです。
要するに、メインステージを見ながら唄ってるんです。
なんか・・・不思議でしょ(笑)?

画像


さて、唄をじっくり聴きますか・・・・そう想った時に事件が

右隣の・・しかも私の席まで奪い取ってるくらいの体型の男性が・・

なんと・・!なんと~~っ!アイを唄ってるんです!!!

口パクじゃなくて・・声出してるです!!!


アリエナ~~~~イッ!


さぁ~~どうしてくれよう・・・・・・・


盛り上がり曲なら、何も言いません。
でも!アイですよ!!!アイ!!!!!!!

シンジラレナインデスケド・・・・っと言う冷たい目線
ゆ~~~くりその方に送ってみました。
まったくその視線を感じるコトなく、唄い続ける。

よし・・次はどうしてくれようか


そんな繰り返しの中・・・・アイ・・終了


あれ?終わっちゃったの(焦)?
どうして・・私のココロが寛大じゃなかったから(泣)???

こうして、痛いイタイ、アイは過ぎていきました。

                   

そんなココロをまったく知らず、秦くんはガッツリ唄いきったようです。


センターステージに一人ぼっちで立たされて、とても寂しいです。
ココでこの方をお呼びしたいと思います・・KANさんです!!!


KANさん登場。ピアノ椅子着。
秦くんもそのままデベソステージにて用意された椅子に座ります。


さて、何を話しますか?
そうですね・・・しばし、無言ということで・・
私は平気ですよ。
ボクも平気です!!
要さんはダメらしいですよ。
(でしょうね的)アハハハハハッ。


え~~っと、次はKANさんの曲をやらせていただきたいと。
ありがとうございます。
この曲はどういう風に創られたんですか(司会者風)?
(マジメに返答)そうですね~、
この曲は1990年に出しましたので・・・創ったのは1989年くらいかと。
どちらかというと・・・一生懸命創りました。

大拍手。
一生懸命創った方なんですね。では、一生懸命唄いたいと思います。
ずっと会場は笑ってました。
この二人のとぼけた会話・・ウマイわ~~

「まゆみ」を唄うのかと想ってたから、秦くんが曲順間違えたと想っちゃった。


10.君が好き胸が痛い (KAN) 【秦 基博&KAN 】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歌詞はコチラ。

KANさんのピアノに寄り添う秦くんの声。
選曲が秦くんらしい。
これも初めて聴いたけど、情景がよくわかるし切ないアイの唄でした。

この曲って・・当時、話題になったのかな?
奏(かなで)も知らなかった私だけど(恥)、コレ・・いいメロディ

このLIVEはすべてが繋がってる。
優しい拍手の中、メインステージへ向かうKANさんと秦くん。
間髪いれずに、メインステージから音楽が流れている。

もう次に続いてるんだ。

11.鱗(うろこ)(秦 基博) 【秦 基博&KAN&常田真太郎】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歌詞はコチラ。

シンタくんのピアノに誘われて、メインステージに移動。
秦くん、ギタースタンバイOK。
イントロが流れると会場から「お~~~っ」っとため息交じりの深い歓声
気持ちよさそうに唄う秦くん。
そんなにアレンジは変わっていなかったように感じた・・ような(適当)。


そう言えば、KANさんの声って、
MCの時は秦くんと同じで、周りに吸収されちゃう声よね。
案外・・・聞き取りにくい(笑)。よく言えば・・心地よい声(笑)。


唄終わりのMC。
え~~、ボクの創った鱗(うろこ)と言う曲を聴いて頂きました。
KANさんっ(焦)!!

それ・・ボクのです(必死)!!

あのいい曲、ボクのですっ!!!!!
(シレ~~っと)あっ、そうだったの?すっかり勘違いしてた。
・・・ボクのです。
よく言った、秦(笑)。

そんな中、シンタくんが三角形的なモノ、練習中(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年12月22日 00:27
>おやすみさんへ
今日もお疲れ様です。
「アイ」そんなことになっちゃてたんですね(涙)
それは心折れますね。どうしよう、どうしてくれよう、そんな人とライブで遭遇してしまったら・・・。

パーマの話題もそんな話が続きがあったんですね♪
おやすみさんの文を読むと、秦くんが話してる姿が見えてきます。やっぱりそんな言い方するんだ~と思って楽しいです^。^
agnes
2010年12月22日 09:18
本人の素晴しい歌声の邪魔になる
ボリューミーな声を隣で出されたら
私なら…多分何も言いません
ただ黙って…ただ笑顔で
その方の両の眼の中心で
中指を立てますね
「アイ」を持って教えてあげます
邪魔だと言うことを

「ボクの創った鱗」ですか?
KANさんのアイを感じる台詞ですね~
うみ
2010年12月22日 18:23
コメント「う」は「うみ」でございました^。^;
おやすみ
2010年12月22日 18:26
>『う』さんへ(笑)
あ~~~~!
突っ込もうとしたのにぃ(笑)!

すぐにわかったよ♪
おやすみ
2010年12月23日 01:02
>改めまして「う」さんへ(笑)
もう・・あんなアイはイラナイよね!!
もしこんな人が隣に来ちゃったら、どうにしてもいいです(許す)。

そうそう!あんな感じだったよ。
パーマのMCってどっかで話題になってるのかな?
(なにかあったら秦にふればいいやっ)そんな感じも漂うスキマの雰囲気もいいよね。

大まかな内容は間違ってないからね。
後は皆が秦 基博の口調をしっかり捉えてくれてるから助かってるよ~~(笑)。
おやすみ
2010年12月23日 01:05
>agnesさんへ
私もココロは同じだわ(笑)。
いるだね~、あんな人・・。

KANさんの最上級の褒めコトバ。
秦くんもウレシっ。
ファンもウレシ。

秦くんもありがとう!の意味を込めて「あのいい曲、ボクのですっ!!!!!」って言ったんだろうねっ。