5月のカエル。

夜明けさんのコメントより。

『同居していた、
ひぃばあちゃんが永眠致しまして・・・・95歳大往生です☆彡』



このコトバを、今日受け取った意味を強く感じました。


今夜は、ちょっと寒いけど、窓を開けています。
すっごいカエルの鳴き声。
イヤッ、今あなたが想像したより、はるかに・・はるか~~に凄いんだから。

昨日やってきたTくんだって、「カエル・・恐るべし」って言ってたくらい(笑)。


                        

でも、私はこの5月のカエルの合唱が大好きなんです。

昔から意識せずにいろんなことを始めたり、感じたていたのが5月でした。

そして、よいコともツライことも多く起こるように感じるのもこれまた5月。



私には大好きだったおじぃちゃんがいてねっ。
もうだいぶ時は流れましたが、亡くなったのが5月25日の真夜中。

私は、
その前日の5月24日のコトが昨日のコトのようにハッキリ覚えてるんです。
まさに・・今日。

その時も、ず~~~っとカエルの大合唱。

カエルの歌声が聞こえてくると、どうしてもこの5月24日の空気を感じます。
カエルが寂しさを和らいでくれて、
カエルたちが素敵な生声で、あの世におくってくれたようで・・・ねっ。

私の泣き声を、鳴き声でかき消してくれた優しいカエルたち。


なので今夜は、大好きだったおじぃちゃのコトを感じるために、
GREEN MIND レポはお休みです 逃。
明日・・・頑張ります(笑)。いいよねっ、おじぃちゃん!


当時の様子を書いたブログをやっとみつけました。


さっき、読んだら・・『風景』がBGMになりました。

今も変わらずのこの風景だけど・・・
画像



終わりがいずれ来るなんてこと 想像もつかなくて

あなたといつかみた風景なおさら愛しくなるよ



よかったら 読んでみてください。

                        

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

agnes
2011年05月24日 23:45
愛しい人に触れられなくなると
寂しくてたまらないけど
それも
段々と慣れてきてある時ふっと
寂しくなくなる日が訪れるの
それは
とても不思議なんだけど
きっと
心の中に住みつくのね
それでも偶に寂しくなると
「休日」の口笛を吹いて空を見てる
おやすみ
2011年05月24日 23:53
>agnesさんへ
そうだね・・・。
気が付けばちゃんと心の中にいる。

いろんなさよならがあるけれど、できることなら・・最後にありがとうって言いたいな。

私もあの口笛大好き。
夜明け
2011年05月25日 01:03
おやすみさ~ん
どう書いたらいいか…考え過ぎて…
いつもは、考えなさすぎるのに(汗)
でも、やっぱり
「ありがとう!」です。
書き込んだ事は残るんですから
反省するくらいなら、その前に
よ~く考えなさい!って
叱ってくださいよ~
大切なGREEN MINDレポなのに…

今、おやすみさんとおじいちゃんの
想い出の場所へ行ってきました。
おやすみさんの姿が映像になって
はっきりと見えました。
不思議な気持ちで一杯になりました。
おじいちゃんの想い出と
ウチのひいばあちゃんのことが
つながるなんて…偶然とは思えない。

同じ風景を見て…感動して
同じ曲を聴いて…涙を流して
同じ人に魅かれて…胸を痛めて
これもまた、偶然とは思えない。

おやすみさんの処へ引き寄せられた
サークルズの皆さんとは
きっと別の時代に生きていた時にも
出逢ってるんだと…
強く感じた夜です。
もちろん…秦くんとも…

やっぱり、おやすみさんは
「先生」だったんですね!
どの時代で出逢っていても
きっと私は「出来の悪い生徒」ですよ笑
たま
2011年05月25日 17:31
私は父に育てられて、
母方の祖父母には3回ほどしか
会ってないんです。
その内の1回は、
私の事覚えていませんでした。

父方の祖母にも4,5回かな…
父が頑固で、
絶縁してからはさっぱり…

さよならするまで
一緒に居られるなんて
祖父母孝行ですね!

「人生は死に際で決まる」
なんて誰かが言っていました。
意味違うかもしれないけど、
夜明けちゃんの
ひいおばあちゃまも
おやすみさんの
おじいちゃまも
良い最後を迎える事が出来て、
素敵な人生だったんじゃないかなと思いました。



たま
2011年05月25日 17:43
5月25日…
何年立つんでしょうか?

おじいちゃまの
正しくて優しい性格のおかげで
おやすみさんも
優しくて、可愛くて、楽しくて
素敵な性格なのですかね!

おじいちゃま
ありがとうm(_ _)m
たま
2011年05月25日 18:06
「何年立つ」誤字m(_ _)m
夜明け
2011年05月25日 23:03
>たまちゃん!
ありがとうね~優しいコメント!
たまちゃんも…きっと
いろいろと…
苦労を乗り越えてきたんだね~

私は若い時に結婚して
いきなり三世代同居で…
子供が生まれてからは
四世代8人家族で…

嫌だった(笑)
ひいばあちゃんとも
よくケンカした(笑)
天真爛漫な人で
こどもみたいに
毛布かぶって、すねて、かくれたり(爆)
でも、私の作ったご飯を
「美味しい!美味しい!」って
食べてくれた
寝込んでからは、皆に感謝、感謝で
元気な頃より優しい
おばあちゃんになっていった

やりたいことをやって
常に「前向き」な人だったから
人生悔いなく終えることが
出来たのかな~って思う

一人暮らしに「憧れ」続けてきたけれど
「雑多な人間関係」の中で暮らしてる
そんな日常に「感謝」しなくちゃね~

しゅん
2011年05月26日 01:00

自然と涙があふれます

津波で亡くした義弟の事も
そんなふうに優しい思い出に変わっていくんでしょうか…
まだ誰も受け入れられない死に残された私達

あぁでも私の祖母のことを思うと乗り越えてきたんだなって

乗り越えるって、思い出した時に
つらくても寂しさや悲しみより『ありがとう』の言葉が最初に浮かぶ…となにかでみました

残された私達は、ご先祖様に恥ずかしくないよう生きて行かなきゃね

おやすみさん、お話しありがとう^-^
おやすみ
2011年05月26日 01:41
>サークルズの皆さんへ
皆さんのおかげで、穏やかなおじぃちゃんの命日を過ごせました。
ホントだよっ。
こんなに時が過ぎてるのに、皆に感じてもらえて・・感謝です。

また改めて、お返事書きますからねっ!
いつも い~~~っつも、ホントにありがとう♪
たま
2011年05月26日 08:19
しゅんさん、
何かすみません…

また、誰か言ってました。

「誰かの記憶の片隅に
ちょこっとでも残っていれば、
それが生きた証」なんだと。

「だから、どんなに苦しくても
亡くした愛しい命を、何度でも
繰り返し思い出したいと
思います。」と。
  
児玉清さんも言ってました。

「人の死には、2つの段階がある。1つは肉体の死、もう1つは、人から忘れさられるという死。」

しゅんさんをはじめ、
いろんな方の心の中で、
義弟さんは生き続けると
思います。

夜明け
2011年05月26日 11:18
>しゅんさんへ
辛い気持ちを書き込んで
下さったんですね
何か連想させるような
「きっかけ」を作ってしまって・・・ごめんねm(__)m
しゅんさんの流された涙が・・・心が少しでも回復してゆくための涙ならいいのですが・・・

人間の力では、どうしようもないことが起こって・・・突然巻き込まれてしまった命・・・残された遺族の方達も、それぞれに被害を受けられていて・・・どんな言葉も「虚しい」けれど
本当に届く言葉を・・・
探し続けているんです
皆が・・・私も・・・
秦くんも・・・きっと

これは自分の心を楽にするための「ストーリー」かも知れませんが・・・
私はやっぱり、命って・・・魂って・・・永遠だと思うんです(思いたい!んです)
肉体は「入れ物」で
魂は、この世で「修行」を続けてるのではないかな・・・修行が終わった魂は
肉体の年齢に関係なく
次のステージへと旅立ってゆく・・・何度も再生を繰り返し修行を繰り返し・・・
「立派な魂」になった時に
宇宙という「生命体」へ帰ってゆく

姿、形を意識しないでいることで・・・逆に、お互いの心を強く感じ合うことが出来ると思う時があるんです(^-^)この場所も然り・・・
そして、先に旅立たれた方達とも・・・「新しい関係」を心の中で築いてゆける・・・
そんな気がするんです!

おやすみ
2011年05月26日 21:52
>夜明けさんへ
遅くなりました(謝)。

その時、その瞬間に感じた思いを書いてくれたんだから、叱れないよ~~(笑)。
こちらこそ・・ホントにいつもありがとっ♪

ちょっと恥かしいなぁ。
すごく昔に書いた記憶はあるんだけど、あの状況は今でもハッキリ覚えてるんだ。
それを強く思い出させてくれたのが夜明けさんのコメントでした。
今頃・・・うちのおじぃちゃんが、夜明けさんのひいばあちゃんにお礼言ってるに違いない(笑)。

こんなヤツでも「先生」って呼ばれてました(照)。
毎日(次は何をして楽しもうか・・ニヤリ)って考えてたな~(笑)。
子供たちが大切にしてたぬいぐるみが何者かにさらわれた呈で、公園でアレコレやったり(笑)。
あ~、懐かしいなぁ。
私はいつでもどんな時でも、教える先生ではなく、一緒に学ぶダメ先生でしたから。
「出来の悪い生徒」ねっ・・一生忘れることのない生徒だね。
おやすみ
2011年05月26日 22:05
>たまちゃんへ
いろんな環境があるんだね。
たまちゃんは悩みが耐えない人に感じる。
うまく伝えたり甘えたりするのが苦手で・・・。
でもすっごい甘えたい願望がある。
勝手な妄想でした(笑)。
たまちゃんはとっても明るい子だって言われてたんじゃないかな~。
でも、いっぱいいっぱい我慢もしてた。
泣きたかったら泣けばいいのに・・。

私が社会人になって数年たった時のコトだから・・えらい昔(笑)。
おじぃちゃんはプロレスが大好きでテレビの前で夢中になっててねっ・・・(このまま興奮して倒れるんじゃないか?)ってドキドキしてた。
曲がったコトやウソ、卑怯なことは許さない性格だった。
・・私もちょっと血を受け継いでるかもねっ(笑)。
だからオーガスタさん、お気をつけください(毒)。
おやすみ
2011年05月26日 22:12
>夜明けさんへ
すごいよ、夜明けさんは。
今までいろいろあったと思うけど、できることならもう少し付き合ってあげるよ・・って気持ちになっていくよね。
どんなにケンカしたって「今までありがとう」って思わせてくれる。
間違いなく天国にいってるねっ。
それは夜明けさんの力でもあるんだな~。
おやすみ
2011年05月26日 22:22
>しゅんさんへ
こうやって、亡くなった方の話をするのは私はいいコトだって思います。
ただ・・しゅんさんにはまだまだツライね。

生かされた命は絶対に無駄にしてはいけない。
そして・・残酷だけど、しゅんさんは現実にツライ経験をした生き証人。
しっかり胸に刻んでこそ、義弟さんは心で生きる。
でもしゅんさん。
しゅんさんの存在によって、私たちの心の中に義弟さんのコトは刻まれてるからね。
ゆう
2011年05月26日 23:53

おやすみさんのブログは全部読んだ気がして
いたけれど、まだまだでした。
こんな書き方は不謹慎かもしれませんが
今回のブログを読むことができてよかったです。
正義感あふれるおじいちゃんのDNAが
受け継がれているおやすみさんだから
やっぱりこんなにみんなにアイされるんですね。

しゅんさん。
受け入れることは簡単ではないし、思い出と
なるまでにはどうしても時間が必要だと思います。
でもそういう中でも前を向いていくことが
少しでも供養になるのだと信じたいです。
しゅん
2011年05月27日 00:18

声をかけてくださった皆さん、ありがとうございます

やっぱりあちらの世界はあると私も信じたいです

たくさん思い出があるのでどんどん思い返してあげたいです

先立った人と何か交信できる手段があればいいのにね(笑)
たま
2011年05月27日 08:21
Σ(゚д゚lll)
幼なじみでしたっけ?!

何年か前の夢で占い師さんに
「あなたは一生家族で苦労するでしょう。」って言われて
飛び起きたのを思い出しました(; ̄ェ ̄)

実直で優しくて、
理想のおじぃちゃん像!
そんなおじいちゃまに
育てられたら、
悪い子は育たない(^^)

おやすみ
2011年05月28日 00:09
>ゆうさんへ
なんか・・・照れますなっ(苦笑)。
どんな文でも 感情に触れてもらえるって嬉しいねっ。

DNAか・・確かに「ほどほど」ができないのはそうなのかもしれないねっ。

全てのサークルズに触れてはいないけど、皆が似た空気持ってるって感じるよねっ!
おやすみ
2011年05月28日 00:12
>しゅんさんへ
まず前を向いて。
それから一歩でも前に進もうって気持ちを抱いて。
その一歩が重かったら、皆で「せ~のっ!」って声掛けるからねっ☆
おやすみ
2011年05月28日 00:15
>たまちゃんへ
そんな夢見たの(驚)??
そりゃ、飛び起きるわなっ。

いや~~っ。
結構なワルだったよ~~。
悪いコトもやったし、平気で心を傷つけてたし。
反省、反省の日々です・・・。
チチ
2011年05月28日 10:04
忘れないことが何より大切なんですね。
かっこいいおじいちゃんの話、胸が熱くなりました。
昔も今も、ずっと見守ってくれてるんだね。

夜明けさんのひいおばあちゃんも、ケンカしたりみんなでご飯食べたり、そんな毎日がきっと幸せだったろうね。
精一杯生きた証だもんね。

しゅんさん、義弟さんは本当はまだまだ早すぎたけれど、抱えきれない痛みは置いて、弟さんの思い出だけを心に。私たちも忘れないよ。
おやすみ
2011年05月28日 23:09
>チチさんへ
あっちの世界はどんなのかわからないけれど、こっちの世界を見ながら、会話してくれてるかもしれないねっ。

うん、見守ってくれてると思う。
寿命って勝手に決めてはいけないねっ。
ちゃんと生きていこうねっ!
しゅん
2011年05月29日 02:42
みんなほんとにありがとうございます!
私事で申し訳ないけど、葬儀もすんでホッとしたと同時に
心にポッカリ穴があいたような…でもここへくるとみんなのアイで埋まっていきそうです(^-^)

実はちょっと秦絶ちしてたの
秦クン聴くと思い出してしまう…マイナスになるのが嫌で


でも今日から解禁して聴き始めております

あぁほんと良い声……改めて大好きな声♪
おやすみ
2011年05月29日 20:56
>しゅんさんへ
しゅんさんにはたくさんのアイがあることを忘れないでねっ。

秦くんの歌は・・切なくなるものが多いから、私も離れるコトがあるよ。
そんなときはゆずに励ましてもらった(笑)。

秦くんの声はやっぱり素敵。
自慢し続けたいよね(笑)。
花贈り屋
2011年05月31日 01:31
>しゅんさんへ

義弟さんを失った悲しみが癒えるまでには、時間が必要だと思います。

だから、今は思いっきり悲しんでいいと思うんです。

私は、、、亡くなった命に未来はあると思っていて…
あの世で魂が彷徨っているって考えるより、
また新しい命としてこの世に生まれ変わってくるって
信じたいです。

やっぱり命は巡っていくものだし、そういうなかで不思議な出アイとか、縁が生まれるんじゃないかな…って思うんです。

肉体はなくなっても、魂はきっとしゅんさんと縁あるところで生まれ変わって、またどこかでつながる…

そう思えたら、少しは上を向けるか、な…?

秦くんも聴きながら少しずつ元気になってもらえたらなぁって思います♪
しゅん
2011年05月31日 01:57

>花贈り屋さん、みなさん
アイのある言葉、感謝です

本当にその通りだと願います
繰り返しおそってくる悲しみも
だんだん癒えていきますよね
故人に恥ずかしくないよう
自分の為にも、みんなの為にも前を向き、振り返りつつ行ったり来たりしながら
前方だけは忘れず生きていきたいです
ありがとうございます
おやすみ
2011年06月01日 19:28
皆、優しいねっ。
アイがいっぱいだぁ~☆

いろいろあるだろうけど、やっぱり前だけは向いていたいよねっ!!