人生ベストアルバム。

画像

そう、コレ。


            珈琲を飲みながらの音楽タイムは贅沢な時間。
画像





唄はうまい方がいい。
心に優しいメロディがいい。
身体に染みわたる声がいい。
コトバは物語が浮かぶものが好き。


私が想像する風景にアーティストが優しく語りかける音楽が好き。


      このアルバムを知ってから・・・何十年になるんだろうか。
         やっぱりコレが私の中のベストアルバム。
画像


最近はコレばかり聴いてしまう。
秦くんの「Signed POP」はコレにちょっと近づいた感があった。

でも秦くんは1番になれない。
おそらく、これからも1番になれない。

残念ながら秦くん自身が主人公になってしまう場面が多すぎるから。


浜田省吾さんの存在すらよくわからない。
だから、アルバムの世界にス~~~ッと入れる1枚。
このアルバムの中の主人公たちは聴くたびに違った世界に導いてくれる。
まだ私はこのアルバム以上に素晴らしいと想ったモノはない。


       秦くんが50歳くらいになった頃に出逢えていたなら・・・・
画像


             秦くん、出逢うのが早かったかなっ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週も頑張っていこう!

この記事へのコメント

桔梗屋
2013年03月11日 09:21
おやすみさん、私は30年前から省吾さん一筋に
追っかけてきた省吾馬鹿なんです(カミングアウト)
省吾さんと、その音楽があれば大丈夫だと信じることが出来ていて。

秦さんの声を初めて聴いて気持ちが動いて、
ライブに行ったとき、そのステージの彼の真摯な姿勢に、省吾さんと同じ匂いを感じてしまったんですよ。

音楽的には違うんだろうけど、私のアンテナにはよく響く言葉とメロディ。

比較もしないし、順番もつけられないけど、
私の大好きな二人のアーティストを、
おやすみさんも聴いていたとは、なんだかとても嬉しいです。
ここでは秦さんが繋いでくれたご縁でしたが、
省吾さんの話も出来るかな(笑)

あ、マラソン、今回は省吾さん全曲ランダムリピートの設定で走りましたが、12月奈良マラソンの時は、秦さんの全曲ランダムリピートで走ったんですよ
みかりん
2013年03月11日 16:58
おやすみさん、はじめまして!
いつもこっそり覗きにきていましたが、初カキコミさせて頂きます。

私も『おやすみさん』や『桔梗屋さん』と同じく、浜省ファンでした!(みなさんは、現在進行形のようですね♪

以前のブログで『岡村孝子さん』のファンであった事も書き込んでありましたが、こちらもドンピシャ~☆

思わず嬉しくて、カキコミしちゃいました!

いつも、お心遣いいっぱいのおやすみさんのブログに励まされたり、大笑いしたり、秦さん情報を勝手に読ませて頂いておりました。

NHKホールと、大宮ソニックに《おひとり様》で参戦予定です!

これからも、おやすみさんのブログを陰ながら応援させてくださいね!

お邪魔します!
夕暮れ
2013年03月11日 20:56
意外だった至極の1枚と、おやすみさんはどんなふうに出逢われたのかなぁ~と思いを巡らせながら…何となく読み返したくなるコトバたちでした。
おやすみ
2013年03月11日 21:56
>桔梗屋さんへ
うわっ、そんなにファンだったとは!!
音楽って不思議だねっ。

実は・・浜田省吾さんのコトはまったくなんにも知らないんですのっ。
「このアルバム」しか(苦笑)。
友達の旦那さんが浜田省吾さんのファンでライブに行くって聞いた時に(・・・動くんだ・・)って思ったくらい(爆)。
それくらいこのアルバムしか知らないのだ。
でも、このアルバムはこれからも私の中のベストアルバムな気がするんだよねっ。

ってか桔梗屋さん、マジ、ランナーじゃんっ!!
次のマラソンの時はこの二人のMIXでお願いします♪
おやすみ
2013年03月11日 22:11
>みかりんへ
「みかりんさん」じゃないでしょ。
「みかりん」って伝えるなら・・・今でしょ(笑)。
ってコトで、お初のみかりんありがとうですっ☆

ぶっちゃけ・・(苦笑)、そこまでファンとは言えないのだ。
「このアルバム」しか知らないの。
岡村孝子さんもあの雰囲気が大好きだったけど後にも先にも1度しかコンサート(←ライブって感じじゃないしね)に行ってないし。

でもこうやって顔出してきてくれた事実がある!
ありがとうねっ。
やっぱり縁あってか偶然か、出会ってしまったわけだから。
会話できる嬉しさがあるんだよっ。
これからもまだまだ顔出してねっ。

お一人様、いいじゃないですか!
私はまったく大丈夫だもの。
隣の方と会話してもよし、まったくしなくてもいい。
自分の世界に入りやすいし!
ただ・・・入りすぎて抜け出せないってコトにならないようにねっ。
ただ想ふ。
もっと早く会話できていたら一緒に楽しめたかも・・と(嘆)。
おやすみ
2013年03月11日 22:31
>夕暮れさんへ
短大の心理学の先生が・・確か、心情を感じようみたいな授業の時に浜田省吾さんの「片思い」が流れたの。
ビックリしちゃってねっ、切ない・・(泣)っと。
もっと浜田省吾さんの曲が聞きたいと思って、たまたまキョウダイが持っていたのがこのアルバムで。
それを部屋でも車の中でも何年も聴いてたんだよねっ。
詳しくは書けないけど、当時の思い出も一緒に含まれてるから。
「歌」との出会いってどこでどう結びつくかわからないものだねっ。
こんなにも歌の世界に引き込まれたアルバムは初めてで(秦・謝)。
『アーティストではなく、この歌に惚れる』
秦くんもこの聴き方するよねっ。
きっとこれが「理想の聴き方」なんだろうな~って思う。
でも残念ながら私にとっては、秦くんはそうじゃないからモドカシイ(苦笑)。
『アーティストにも、この歌にも惚れる』から☆