TOIRO de スタレビ☆ラジオ放送中。

ラジオ放送始まりましたっ。

あの日のライブが蘇ってきてますっ


    ☆☆☆ TOIRO de スタレビ~セトリ~ ☆☆☆
         ~要弾き語りメンバー紹介(2名、他は省略・笑)~
             ①夢伝説
             ②Thank You
             ③今夜だけきっと
             ④木蘭の涙
             ⑤In my life (THE BEATLES)
             ⑥Crying
             ⑦愛の歌
             ⑧Magic~手をつなごう~
             ⑨クレイジー・ラブ
             ⑩ 太陽の女神
          ~アンコール~
             ⑪トワイライト・アヴェニュー

          ※ラジオオンエア曲は赤文字表示ですっ。
    ※ラジオラストは「愛の歌」会場での大合唱でした~~~っ!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

書いたりなんですよ(笑)。もっと書きたいんですよっ(爆)。
ラジオ放送が終わるまでは・・っと想っても待てなかった(笑)。
まっ、聴けない地域の方にはどうでもいいでしょうけどねっ。

要さん本人は緊張の裏返しって言うけど、ま~~~~っよくしゃべるよね(爆)。
メンバーが出てくる前に、すでに「時間が押してる」と(笑)。

要さんがギター1本でメンバー紹介を。
まっ、ちゃんと紹介されたのは2名だけでしたけど(爆)。
♪こんな調子で紹介してると20分かかる~っと曲に乗せて唄うし(笑)。
そのままのメロディーで、1曲目「夢伝説」へと続くのでしたっ。

 :さいたまスーパーアリーナは緊張するんですけど、今日はわりと余裕です。
    なぜなら・・「無料ですから!」
会場:爆。


昨日の話していい?っと要さんっ。
イベントがあったらしくて、さだまさしさんの話を。
さださんはたま~にいい話をするんだよ。(会場・爆)

さだ:人には名誉欲や金銭欲なんかがある。モノをつくる欲もあるから3つ。
   アーティストなんかは自分の中でいっぱいになって達成されたと思うと、
   もういいやって想っちゃうんだよ。
   そんな中で小田和正さんやユーミン、桑田さんにしたって、
   どうして音楽を続けるのか?
   おそらく、4つ目のなにかがあると思うんだよ。

:さださんはなんだと思うんですか?

さだ:オレもよくわかんね~けど、おそらく・・うまくなりたいんだよなっ。

:・・・・(キュン)
    いつもはくっだらい話ばっかりなんだけど、たま~にこんな話するんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタレビは現在4名。
そして、アシスト2名の計6名でステージを盛り上げてます。

初めてライブを観たときに、
全員がマイク持って唄うこともするので驚いたな~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギターソロでは私の前で(照)。
中腰になって手を伸ばせば、要さんのギターをさわるコトだってできる。
・・・っと想ってもテンション高くなって、立てないだろうなっ(笑)。


「木蘭の涙」はいい唄だな~とは想ってたけど、深く考えて聴いたコトなくて。
あまりに近い距離で唄われると、集中できないでしょ?
なのに・・・この唄の世界にドップリスッポリとハマった。。
ダ~~~っと泪がでてしまって・・やっぱり恥ずかしいですなっ。
ライトが照らされる前にどうにかせねば!みたいな。
切なくのびる要さんの声が妙に哀しく想えた。

ステージに立つ人って、
意外と1列目は見てないか~っと開き直ったりしてねっ。

しめっぽい空気になっちゃいましたね。
人の「生き死に」は誰もが体験します。
最近、自分たちの親しい仲間も亡くなりまして。
でも、僕たちはその人が残してくれたものを大事に持って生きてくしかない。
哀しさなんてなかなか乗り越えられないけど。

要さんのMCにまたちょっとグッときたりして・・


「愛の歌」→「Magic~手をつなごう~」の流れの時にすっごい自分の中で
初めて出会った心のトビラが発見されて(笑)、
そこから3つほどポン!ポン!ポン!って何かが弾けて出てきたのを感じたの。
きっとそのポイント場所が
私の中でのライブの一番のテンションMAXだったんだろうねっ。
すっごい気持ちよかった~~~~~っ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問コーナーになり横田かおりさん再登場。
横田:要さ~~ん!もう胸がキュンキュンしちゃいましたよ~!!
 :・・・どうした?心臓病か?
会場:爆。


Q.太らない秘訣ってある?
 :オレが聞きて~よ!
    オレは着やせだから。裸になったら『誰』ですか?って感じだよ。

順にメンバーに聞いていくんだけど、もう・・脱線しまくりで(爆)。
ドラムの寺田さんは移動モノでは寝まくり。
どんな状態でも熟睡できるんだって。
アシスト岡崎さんはスリムなんだけど・・
実はこの1週間で10㌔近く太ったらしい。
スタレビの楽屋は危険で(笑)、食べモノが相当あるらしい。

放っておいたらず~っとしゃべってしまうであろう要さんっ。
それを察知して、横田さんは・・・

横田:じゃ、「太る」ということで。
会場:爆。

Q.違う楽器をするならどれ?
ドラムやりたい人っって多いよね。
山崎まさよしくんや、
スキマの大橋くんもセッションするとじ~~っと見てるんだよ。

ドラムの寺田さんは、音程のあるピアノがいいと。
それに間髪いれずにいれずに要さんが・・・「(ドラムは)つまんね~もんな!」と。
皆で「そんなコトないよ!」と。

ちなみに要さんは、「ドラムはいやだな」と(爆)。
絶対に後ろだし、お客さんの空気がわかりにくい。
コレはココ(中央)にいるからわかる空気があるんだよ。
ココはすごい幸せなんだよ。
いろんな人が見えるんだよ。
オレがバラード歌ってる時にカップルが見つめあってたりね。
手拍子もさっ、二人でやってんの。

  (※女性が右手で、男性が左手を合わせての手拍子)
「ありがと~~~~!」ってピック投げつけてやろうかと思うもん。
会場:笑。
横田:この会話は放送はカットで(笑)。
全体:拍手。

Q.オススメのコンビニ菓子は?
ってか、皆スイーツ好きみたいねっ。
プリンとかローソンのスイーツコーナーは充実してると。
チロルチョコのコラボで、ポンジュースとか、桃屋ともコラボでラー油味。
ベースの柿沼さんが一番詳しいみたいっ。
チーズケーキ(プリン系らしい)「極(きわみ)」をすっごい押してましたもの。

要さんはあまり食べないんだけど、
赤城乳業の赤いカキ氷だけは食べたらしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライブ後に、お楽しみ抽選会があったの。
ま~っ、私にはまったくご縁がなかったワケですが(笑)、
抽選でグッズが当たった方たちが
ステージの要さんたちから直々にもらえるんですよ!!
打ち合わせでは、スタッフが当たった方の席に持っていくらしかったんだけど、
要さんが「まっ、この方がいいんじゃないの?」ってな感じで・・あぁ~素敵。
ステージに向かう当選者たち。
ステージって行っても数十センチしか高くない。
そこでグッズを頂いて、もちろん!握手してもらって・・・
それはそれは羨ましいんだけど・・・・
その様子を間近で見れる私もかなり幸せで(照)。
あっ~
要さんが目の前に・・・VOHさんがココに・・・っと夢のようで。

後半にはアイコじゃんけんもあったけど、こんな時には勝ってしまう私・・・。
「翌日誕生日」って方には、要さんがすぐに
♪Happy Birthday to You~と唄いだし、アカペラでメンバーも加わって。
曲中に「お名前は?」と尋ね、ちゃんと名前も入ってたし。
その間、会場全体も手拍子でお祝いムード。
そして・・・最後は・・ハモってたし!!!
す~~っとそんなコトをしてしまうスタレビ。
アドリブに強いって素晴らしい。

今日のこの日を迎えるために、
2年間の山ごもり、滝に打たれて修行した甲斐があったってもんです(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2時間越えのライブ!・・ってコレって凄い。

                余韻の中、会場を後に。
画像



        もうちょっとココにいたいな~っ、と、余韻に浸った夜でしたっ。
画像



要さんの人柄がまた好きになりましたっ。
正直すぎて困る時もあるけど(笑)。

「ファンを楽しませたい!」といつも考えてるスタレビ。
そして・・
「自分たちも楽しみたい!!」って毎度想ってるだろうスタレビ(笑)。

また・・
きっとまた、観てしまうんだろうな~、スタレビのライブをっ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント