福岡の旅・番外篇。

画像

その土地の優しさに触れるのが楽しみで楽しみで。

☆初日。
美味しい夕飯を食べる為にIBM戦観戦後、その日のうちに福岡へ。
新鮮なお刺身をいただき、ご満悦(笑)。
メニューをみたら、「なんこつから揚げ」の文字が。
「これ、どういう発音します?」
「・・・なんこつ・・・なんつ・・・あれ(焦)?地元じゃないんで。」
「どちらの方なんですか?」
「大分です。・・んこつですね!!」てな調子で尋ねた結果、
んこつから揚げ」のようです。

☆2日目。
昨夜 食べ過ぎた為、朝ご飯が入らない(苦笑)。
よし、そのまま念願の場所に。ここかぁ・・・・
(注:写真メールは後ほど送ります・笑)

このままラグビー観戦に向かってもよかったのですが、行きたい場所がもう一つ。

それは 「照和」 。
ゆず・岩沢さんが尊敬する 長渕剛さんをはじめ、井上陽水さん、武田鉄さんらはこの場所でライブを重ねていたのだ。
画像

数年前、一度訪ねたことがある。
わずか10cmくらいの段差しかないステージ。決して広くない。
実際にバンド演奏している様子はまだ見たことがないが、じっとみているとパワーを感じる。
私の周りにも長渕ファンはいるが、ゆず・岩沢さんからの影響が大きく、長渕さんの曲を聴きはじめた。シンプルがメロディー・初期の頃の唄が大好きである。
お店の方はすぐに「どなたかのファンですか?」と尋ねてくれた。
いろいろお話をさせていただき
「好きなアーティストのルーツを辿っていく気持ちわかりますよ~。」
この方は唄はちろん、このお店が大好きなんだなぁ。

「前にも いらしたわよね?」驚いた。
「数年前に一度来たことがあるんですよ。」
「そうよね、オーラあるもの。」
「えっ??!」

私がオーラがあると言われたのは初めてだった。
インパクトがあるのかな?本人にはわからないけど。

長渕さんの曲を流してくださり、短い時間ではありましたが、心温まる素敵な時を過ごしました。
そして、ラグビー観戦へと向かいました。

観戦後、初☆屋台。
・・・馴染めずにソソクサと場所を変えて飲みなおしました(苦笑)。


☆3日目。
またもや、朝食が食べられない。ちょっと食べすぎの旅。
でも、行動力は衰えず、電車に揺られ「柳川」へ。

                    まずは川下り。
画像

のんびり70分。
ず~~っとこうしていたい・・・いや、暑くて・・・真っ黒になるな(苦笑)。

ここは、身近な人が住んでいた場所。
わざわざこの場所に来た目的はもちろん「ウナギ」!・・・違います。
てか、苦手です。

それは・・・「うどん」です。

          ↓地元ではかなり有名なうどん屋さんなのです。
画像

フカフカで腰抜けのような麺に見えますが、なんのなんの。
このモチモチした感触を経験したのはこの店だけでした。
しかも、基本のうどんが210円。写真のものは「ごぼ天うどん」(相方、これよ)。
九州ならではの 切り方なのか、ごぼうは斜めの輪切りに切るんです。(カップラーメンもそうだった)
この1杯が食べたくて食べたくて、福岡から特急で1時間、往復2千円かけても満足なのです。

この後、大宰府に行こうとしたのですが、そこまで行く時間はなかった・・残念。
なので予定変更。
やっぱり数年前から気になっていたあの駅へ(笑)。

            ↓「ゆたか線に~揺られ~ながら~♪」
画像


そして、福岡空港へ。
やっぱりお土産は「博多通りもん」。ある選手もた~~っくさん持ってたなぁ。

       ↓スナックパインも買ってみました・・・これも苦手(苦笑)。
画像


日本代表選手より一足先に羽田へ。
飛行機が飛び立った瞬間思った事が・・・・。
「この飛行機くらい、最初から気合いれて試合に望んでくれたら・・」

いや、6月11日のイタリア戦で迫力あるゲームをしてくれる。
期待して秩父宮に応援に行こう!


追伸、ラグビーのW杯の時も飾ってくれないかなぁ(願)。


"福岡の旅・番外篇。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント