フランス観光☆2日目~前篇。

画像

旅の基本は健康から。

フランスでは規則正しい生活をしていました。
朝からしっかりクロワッサンを食べ、元気に動き、早めに帰宅。
もともとパンは大好きなのですが、
毎朝 同じメニューだと飽きると思っていました。
ところが、毎日クロワッサンが美味しい。
フランスパンもまったく飽きない。
・・・・しかし、その代償が帰国後に襲ってくるとは(苦笑)。

               本日もこの駅からスタートです。
画像


フランスの駅は改札がないので、
電車に乗らなくても、多目的スペースになっています。

             今朝も駅中のカフェはたくさんの人たち。
画像


        さて、本日はメトロに乗ってカルーゼル凱旋門から。
画像


第二の凱旋門と呼ばれているそうです。
数年前、ゆずの二人は村上隆さんのイベントに招待され、ライヴをした時に
立ち寄って二人仲良く写真を撮っていた場所です。
ゆず誌のある方、ご確認を(苦笑)。

           今回はカレにモデルになってもらいました。
画像


ラグビー大好き岩沢さんは、あるショップでSH“”の番号をつけてもらい、
フランスカラージャージーを購入していました。
結局そのショップはわからなかったけど(悲)。

続いてはルーブル美術館へ。
午前中なら比較的空いていました。
全ての作品をじっくり鑑賞するなら数日はかかるそうで(納得)、
それを数時間で見るのは至難の技。
ベタなコースになってしまいますが、目的をもって行動せねば。

画像


画像


               一番の感動はサモトラケのニケ
画像

ちょっと鳥肌ものでした。
1863年にエーゲ海で発見されたもの。
見ればみるほど、引き込まれいく不思議なものでした。

顔は発見されておらず、想像をかきたてられますよね。
そして、左足の美脚にうっとり  
後方左からのアングルは、それはそれは美しかったです。

中庭のような部分には、これから世界に運ばれる作品や戻ってきた作品の山々。
画像


画像


絵画はなかなか綺麗に撮れません。
後で写真を見直しても、心動く写真が少ない。
しっかり目に焼き付けておくのが一番ですね。

           周りと空気の違う部屋にはこの作品 モナリザ
画像


やはり一番人気。人ごみが絶えません。
意外と小さく、劣化防止の為バッチリ温度調節。
ガラス越しの中にモナリザはいました。
しばし、じ~~っと見つめる・・・・。
はぁ、美術が疎い私には、彼女からのメッセージは伝わりませんでした。
どれくらい前だかわかりませんが、この作品が日本にもやってきたとの事。
さぞ、行列ができたのでしょうね。
その時に観賞していたら、私にも何か感じるものがあったのかなぁ。

       帰り際、遠くに見えたサモトラケのニケからは
       なんだか熱いものがこみ上げてくるんですけどね。
画像


今日も日差しは眩しいですが、爽やかなカラッとした青空。
ルーブル美術館からひたすら真っ直ぐ、
シャンゼリゼ通りを歩き目的地凱旋門まで歩きます。

途中にはオランジュリー美術館もあり、作品睡蓮鑑賞。
しかし、この美術館だけは11時オープンでまだ開いておらず・・。

会話しながらの散歩は意外と体力使うんですよね。
途中にあったあのミシャラクバーガーを食べようと言うことになりました。
しかし・・・私はハンバーガーが苦手。
でも、写真も撮りたいし、
ちっちゃなラグビーボール型のカステラの上から
チョコをコーティングしたものもあったので、注文して見ました。


アン ミシャラクバーガー、アン スィートボール スィルブプレ

お~!日本からW杯を見にきたのですか?
私も日本大好きなんです。楽しんでいってくださいね

お姉さんは私のかぶっていた帽子を見ていろいろ声を掛けてくれました。
画像


街中にもW杯関連グッズを身に付けている人が多く、
それだけで笑顔の会話が広がります。

そういえば、フランスではスリの被害が深刻だって言っていたけれど、
本当なのか疑問になりました。
だって、街にでればラグビー好きな人が声を掛け合って楽しみます。
どこにそんな恐怖の場所があるんだろう?そう思ってしまいます。
でも、やっぱり用心、用心ね。

遠くに見える凱旋門。なかなか近づきません
こんなに歩いてまだ1時間くらい。
乾燥が激しいので途中、水を買ってまた歩き出します。

フランスのトイレは有料です。
ホテルや食事した場所なら無料で使えるのですが、
1ユーロ弱払って使用します。
トイレの形も場所によって様々で、ドアを開けた瞬間
これは・・・どう使うんだ?ってものもありました。

ちなみに。
有料トイレに入った相方の話では、
コインを入れるとドアが開きます。
トイレが済んだ後、水を流すボタンはない。
使用者がそのトレイから出た後に、流れるようです。
トイレから出る場合、赤いボタンがあるそうです。
押します。
ドアをあけます。
でも開きません。
そのトイレは赤ボタンを押しながらドアをあけるそうです。
これからフランスへ行かれる方はご参考に。

さぁ、まだまだ道のりは長そうですよ。  
メトロもいいけど、違った刺激も必要だし・・・頑張って歩きましょう。


画像




追伸、ツライ時はあるさ・・・。お互い頑張ろうね。

"フランス観光☆2日目~前篇。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント