火の鳥 (鳳凰編)。

画像

寒くなりましたぁ~

秋を通り越して冬みたいな寒さですね。

そんな寒~~い季節。
私の地域では本日 秦 基博が担当する
『アーティスト・プロデュース・スーパーエディション』の放送がありました。

ま、ライブを見た事のない私が言うものなんですが、
どれだけのグダグダ感を世間に出してしまうのか?とハラハラしておりました。

最近の放送でのお気に入りは MOSHでした。
こんなにも司会の方とのジャストフィットした感じ。いいです。
でも、それを越えてもっともっと楽しかったのは、 MIX UP
10月29日のTOWER RECORDS渋谷店公開録音を放送したものですが、
これは最高でしたね。
秦くんって、ファンの子にこんな感じでも接するんだ~ってちょっと驚きもあって。

すべてにおいて
細心の注意を払ってくれる 秦くんだと思っていたので


っと、いろいろ想いながら放送の時間に。

秦 基博プロデュース スーパーエディション

さすがです・・、脱帽です お上手 お見事

やっぱ、できる子だわ。


てか、もともとしっかり自分の考えを持ってるし、何事にもブレ がないものね。
って、ことで、あっと言う間の55分・・・堪能


秦くんの語尾って・・ちょっとハマリますよね。
~したいと思い~~す。
~っと、思~~とりす!・・・「ま」に惹かれます

DJ HATA 2回目も楽しみです


秦くんが読んでワナワナ震えたという1冊をやっと購入。
私ほとんど マンガって読まないんです。

でも、これを小6に読んで マンガって・・・・(感動) っと
心を揺さぶったと言うなら、読んでおかねば。

・・・・???・・・・!!!!

私には・・・最初から衝撃すぎて・・・先に進めません。
なに?どうして?ばかり。

盛りだくさんな夜が続きます。
秋の夜長は・・・短すぎます。

"火の鳥 (鳳凰編)。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント